amalettの刺繍日和

ARTICLE PAGE

佐藤ちひろさんと青木和子さんの本

  • CATEGORY
  • COMMENT4
  • TRACKBACK0
2月の話ですが、
入園準備になにかヒントになるかと、
こんな本を手に取りました。
CIMG7894.jpg

佐藤ちひろさんの本は分厚くて、
ホワイトワークやブラックワークなど伝統的なものから、愛らしいフリー刺繍まで幅広く
いろいろなアルファベットの図案が載っています。

こんな基礎本も付録のようについていました。
CIMG7895.jpg

検定でもやったスパイダーウェブの
芯になる部分の刺し方を誤っていたのを見つけました・汗
正しい知識のあるなしって、何かしら作品に影響するかも、と冷や汗が出ました/(-_-)\

青木和子さんはもうじきあたらしい本が出るようですが、
こちらの本もとてもすてきでした♪
CIMG7896.jpg

青木さんならではの楽しくておもしろい発想。。。
息子のランチョンマットに刺してあげたら、
苦手な野菜も楽しくいただけるかな・・・と思う、すてきな図案がたくさんでした✩
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

♪ おりん ♪  

No title

こんにちは(^^)♪ メソメソは治ったかな(笑)?

車のヘコミなんて、サンバブラジルを踊れば大丈夫(>w<)!

赤青赤青のちゃんちゃんこ

シャカシャカマラカス振って、こたつの周りで

サンバサンバ♪


って、そのイベント何!?(>∀∀∀<)???


明る過ぎるんですけど(笑)amalett家



佐藤ちひろさんと、青木和子さん、私も大好きです~♪


佐藤ちひろさんは東京のワークショップでお会いしたことがあって、
とってもナチュラルで素敵な方でした(^^)


こういう本が手元にあるだけで、幸せな時間をもらえた様な
気持ちになりますよね~

2015/03/13 (Fri) 10:19 | REPLY |   

ぺんぐいん  

No title

青木先生の発想は本当にステキですよね!
ハッとするけど気持ちにストンと落ちる感じ。

刺繍はいろいろなやり方があって、先生によってもいろいろ違います。
たくさん学ぶ中で、どちらがいいかを悩んだときは、なぜそうするといいのかを考えるのが一番だと思います。
そうして自分なりの方法を身につけていくのがいいと思いますよ。

2015/03/13 (Fri) 16:59 | REPLY |   

amalett  

No title

♪おりん♪さん、メソメソ、一日で浮上しました~\(^^)/(←もっと落ち込めよっ・怒)
そうそう、サンバ踊ったから~って違うわっ・笑

佐藤ちひろさん、ご本人もすてきな方なんですね~♡
作品見てたらそうなんだろうな~って伝わってきます(*゚▽゚*)

ほんと、本にもたくさん元気をもらいます♪

もちろん、♪おりん♪さんにも~♡LOVE~~!



2015/03/14 (Sat) 09:22 | REPLY |   

amalett  

No title

ぺんぐいんさん、拙いブログに
いつも心のこもった、あたたかいコメントをくださって
ほんとうにありがとうございます!

ぺんぐいんさんのおっしゃるように、
刺繍の表現方法はほんとに人それぞれで、
プロの方の本など拝見すると目からウロコということもたくさんあって、
ハッとさせられることがたくさんです♪

「なぜそうするといいのか」を考える。
ほんとにそうだな~と思いました(^^)

学びたい気持ちばかり先走って、肝心の手はあまり動いてなかったり。
それが今いちばん自分で反省するところです。
手を動かして、刺繍したいと思ったものをどんどん形にしていく。
そうすることで、なにをどうしたらいいのか自ずと見えてくるのかもと。

青木和子さんは美しいお庭の手入れ、絵を描く
本を作る、刺繍する、指導する・・・
いろんなことを一度にこなしてらっしゃって、
しかもあたらしいことをどんどん発表していく、
だからこそ第一線で活躍し続けるプロフェッショナルなんだなと、
本を通して作品を拝見するだけでもそれが伝わってきます。

ブログを通しても、
言葉をかけていただく方はもちろん、
みなさんそれぞれ真摯に手仕事と向き合ってる方が多くて、
ほんとにいい刺激を受けます。

今年は、自分のやりたい方向性、自分なりの表現方法をすこしでも見つけられるよう、
できるだけ手を動かすようにしたいと思います。

ぺんぐいんさん、いつもほんとにありがとうございます\(^^)/





2015/03/14 (Sat) 10:20 | REPLY |   

Leave a comment