サンプラー本とミニ額

まだ気分転換が続いてるのか?という感じですが・・
あるサンプラーの花のボーダー部分の一部を刺繍して、
ミニ額にしました。

この本にそのサンプラーが載っています。

本

写真用額に入れてこんな感じに。

ミニ額

花のボーダーというと、規則正しくならんだものを思い浮かべますが、
このAngelina Brownさんのボーダーはすこし変わっていて素敵。
本の中には、たくさんのマーキングサンプラーが図案と一緒に載っていて、
見ているだけでわくわくします。

サンプラーのことが知りたくて、中古でこの本を手にいれました。
それぞれのサンプラーの隣に、刺した人の記録が書かれていて興味深いです。

200年も前の、教科書には載っていない人の歴史を垣間見るって、
ロマンチックですよね~

例えば、1787年に生まれたLydia Tylerさん。
21歳で結婚して、二人の子どもにもめぐまれた彼女が残したサンプラーの最後には、
「When This You See Remember Me」と刺繍されています。
8年後、20代の若さで結核で亡くなることを予言しているかのようです。

1枚のサンプラーから、それだけの記録がわかることもすごい!と思うけれど、
当時の女性たちが、どれほどサンプラーを誇りにしていたのかを考えると、
胸が熱くなります・・・


本は廃版のようですが、中古ならamazonでも手に入ったので、
興味のあるかたは是非見てみてください。
あ、すべて英語で書かれているので、わたしは辞書をひきひき読みました

「HISTORIC SAMPLERS     Patricia Ryan and Allen D.Bragdon」

で、この花のボーダーを刺したら、
俄然サンプラー全体を刺してみたくなりました・・・
おいおい、まだやりかけのがあるじゃないか! わかっちゃいるんだ、お富さん(←誰?)
でもでも、実はもう布も糸もすでに準備してあって・・・我慢も限界なんだよ~~~う

ちゃんとやりかけのもやるから、と自分に言い訳をしつつ、
いそいそと布の端始末を始めるわたしなのでした

額は玄関に飾りました。
ちょっと涼しげになったかな?

玄関

ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

いいですね、自分の作品で家の中を展覧会に出来て
家訪問したら目についてどうしたのと聞いてしまう
でしょうね。

ありがとうございます♪

展覧会ってほどじゃないんですけどね~(*_*)

ただ、家にいることが多いので、
すきなものに囲まれてるとしあわせだな~とは思います♪

自分にしかわからないプチしあわせですが・・・(^.^)

いつもあたたかいコメントありがとうございます!

こんにちは 

絵のことほめて頂いてありがとう(下コメントのコピーです↓)

広島にいるとき絵手紙教室へ行きました3ヶ月のコースでした
絵を書いたのはそれが初めてです、ですから道具といっても
絵手紙教室購入した顔彩のセットだけなんです、今でもそれを
使ってます、でもあまり伸びないので水彩等のようには大作は
出来ません、大きくてA4? B5かハガキサイズに書くのが
多いです、大阪に戻ってからは環境変化もあって2枚しか
描いていません。また始めたいですね。
絵手紙として描いたので妻と二人で出来たらハガキ出したので
作品がそろそろ底をついてきて、休止して作品を貯めてから
またブログに載せようと思います。

ありがとうございます!

顔彩って、初めてききました・・・。
水彩のように伸びがないから、にじんだりしないんですね。
発色がよくて描きやすそうで、
機会があったらわたしも使ってみたいとおもいます!(^^)!

絵手紙をもらわれた方は、きっと嬉しかったでしょうね♪

また作品が見られるのを楽しみにしています。

ていねいなお返事、ありがとうございました!
amalettプロフィール

amalett

Author:amalett
amalettといいます。
子育てをしながら、刺繍小物作りやソーイングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています♪ クリックいただけると励みになります。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR