amalettの刺繍日和

ARTICLE PAGE

ガイド線でお悩み解決☆

昨日のイーラーショシュの記事で、
カーブ部分で苦戦していることを載せましたら、
なんと!
Jeunet先生から(Jeunetの刺繍制作記録
とってもわかりやすいコメントをいただいてしまいました\(^o^)/

これまた文章がわかりやすく、つくづく頭のいい方なんだなぁと思うコメントなので、
一部ご紹介したいと思います・・・

「特に♡の外側の半円の細かい図案の所は内円の距離と外円の距離では長さが半分位なので当然内円側はくっつけて針を出しますが、外円側はもう少し隣との間隔を空けて生地が透けるくらいにしないとと内側が重なりますヨ 
半分の位置が垂直になるので線を描いておくと角度の目安になると思います。 」

刺しゅうのやり方を、図ではなく口頭で説明するのは難しいと思うのですが、
論理的で合理的、無駄も一分の隙もないこの文章・・・♡
もう、あらためて大ファンになりましたよ♪


ちょっと道をそれましたね(^^ゞ
そう、角度の目安・・いわゆるガイド線、です。

キットでは、とくに難しい角などには、そのガイド線があらかじめ描かれています。
ただ、今やっているくらいのカーブにはそれがなく、
刺す方向にむかって布を回転させながらステッチすることになっています。

わたしのような初心者は、頭ではわかっていても、
刺しているうちに夢中になって、見える範囲がだんだん狭くなってくるんですよね。
とにかくあまり隙間をあけないようにあけないようにと、それが先に立ってしまって。

それで、目が詰まり過ぎて気持ちまで煮詰まってしまったというわけです(泣)

そこでJeunet先生のアドバイスです(^.^)

もうやってみるしかないでしょう♪
図案のちょうどまんなかにガイド線を引きます。
1guid.jpg

イーラーショシュは上から下にむけてステッチするので、
布を180度回転させて刺し始め・・
3guid.jpg

ガイド線に目をやりつつ、内側を少し詰めて、外側を少しあけます。
2guid.jpg

ガイド線があると気持ちにも余裕があるのか、裏側で糸をひっかけてしまうということもありませんでした。

そしてガイド線へむけてステッチしていきます。
4guid.jpg

5guid.jpg

6guid.jpg

7guid.jpg

ガイド線まできました。順調です(^.^)
そのまま終わり線までステッチ。
9guid.jpg

完成♪
隙間があいてる感じもなく、ひっかかりもなくストレスレス!
内側にできる隙間もしっかりあります。
10guid.jpg

お恥ずかしながら、煮詰まっていたときの画像はこちら。
0guid.jpg

笑いがでるほどきっつきつ~

ガイド線。
サテンステッチのときだけするものと思っていました・・
1本の線があるかないかで、こんなにやりやすさが違ってくるなんて。

Jeunet先生、ほんとにすてきな先生だなぁと再確認♡
ありがとうございました!(^^)!
仕上げるのが楽しみになってきました♪
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

Jeunet  

きゃぁ〜〜
はずかしいー、その文章。
せっかちなもので、いつも誤字脱字があり今回も見直したのに…“と”が多かったですね(汗)
こーゆー人なので大目に見てください。

きれいに刺せてますねー。
amalettさんのように素直な方はどんどん上手になるし
独学でも十分だと思いますよ。
これからもいろいろチャレンジしてください!
お手伝いしますよ。

2014/08/11 (Mon) 18:49 | REPLY |   

amalett  

Jeunet先生、ありがとうございます(^.^)

コメント引用してしまってすみません・・(汗)
でも、ビーズ刺しゅうの時もそうでしたが、
ほんとにわかりやすくて、
しかも確実にきれいに刺しあがるんですよね!
先生って、こういう方のことを言うんだなと。

独学でも十分だと言っていただけて、
励みになります。
Jeunet先生のクラスにはいつか絶対行きますけどね~!(^^)!
そのときまで、こつこつがんばります♪

いつも本当にありがとうございます!

2014/08/12 (Tue) 12:04 | REPLY |   

lulu comugin  

amalettさんへ・・・

今日1日、考えました。
私はどんなにおごり高ぶっていたのでしょう。

amalettさんのブログを見て、リンクされている、いろんな方のサイトを見て、自分がどんなに未熟であるのかを知りました。

これまで、刺しゅうは、手芸の中でもマイナーで書籍も少なく、多くの人にはあまり愛されてないと思ってました。

だけど、amalettさんのブログを見て心から何かを覆されるような思いでした。

こんなにも多くの方が刺しゅうに魅了されている・・・
そして、私よりもずっとずっと素晴らしい技術を身に付けていらっしゃると・・・

今、涙が出そうな思いです。

もっと、もっと、勉強しよう!
もっと、もっと、勉強したい!
そう 思いました。

その為にもamalettさん
毎日、ブログに訪問してもいいですか?

何度も、何度も その技術を見たいのです。
いろんなこと たくさん教えてください。

2014/08/13 (Wed) 02:01 | REPLY |   

ぺんぐいん  

イーラーショシュ、こういうカーブがきついところは、刺し終わった後に小さい方のカーブの目の中にもういちど針を通して糸をひくと目がキュッとよるというのは説明書にでてませんでしたか?

イーラーショシュを日本に紹介した谷崎さんから直接おしえていただいたんですが。

2014/08/13 (Wed) 17:03 | REPLY |   

amalett  

lulu comuginさん、こんにちは(^.^)

あわわ、わたしのブログではあまり参考にならないかもですが(汗・汗)

わたしもブログをするようになってから、
いろんなすばらしい方が、独創的で美しい刺しゅうをされてるのを知って、
ますます好きになりましたよ♪
意欲も湧きますし、いい意味で
刺しゅうにどん欲になれるような気がします。

おたがいにがんばりましょうね!(^^)!

コメントありがとうございます♪

2014/08/13 (Wed) 21:36 | REPLY |   

amalett  

ぺんぐいんさん、初めまして!
コメントありがとうございます♪

もういちどよく見直してみましたが、
説明書にはそういうことは書かれてないみたいです・・
このふち飾りの部分は連続して刺し進むので、
ひとつ終わったらそのまま隣にうつるんです。
「小さい方のカーブの目の中にもういちど針を通して糸を引く」というのは、
終わりの処理をする前に表の詰まった方の目に布はすくわず糸を差しこんで引く、ということでしょうか・・(←日本語がわかりづらくすみません・・汗)

説明書では、「カーブ外側は広く、内側は狭くしましょう」ということだけです。
書ききれないコツがきっとあるのでしょうね。

素朴で力強い刺しゅうなので好きなのですが、
難しいなぁとおもうところもたくさんあります・・
谷崎さんから直接、うらやましいです(^^ゞ

2014/08/13 (Wed) 21:55 | REPLY |   

ぺんぐいん  

そうです。その通り!
目だけをすくって糸を引くと目がキューッとくっついてきれいにできますよ。
ぜひやってみてくださいね。

2014/08/15 (Fri) 14:03 | REPLY |   

amalett  

ぺんぐいんさん、ありがとうございます\(^o^)/

目だけをすくって糸を引くんですね。
糸がだいぶん余っているので、
練習してみます♪

ほんとにありがとうございます!!!

2014/08/15 (Fri) 15:57 | REPLY |   

Leave a comment