イーラーショシュのかご飾り

また台風ですね・・
こちらはまだ、ときどきお日様が顔をだしたりしてますが、
風は強くなってきました。
たいしたことないといいのですが・・・
みなさんもどうぞお気をつけくださいね♪

さて、チューリップモチーフのイーラーショシュ、
まわりをダブルブランケットして、かごに飾ってみました。

かご飾り1

かご飾り2

ダブルブランケットがくっきりしていて、モチーフだけの時よりも
愛らしさがぐんと増す気がします。
このブランケットにブレードをつけたりもするようですね。

先日図書館で、こんな本を借りてきました。

世界のかわいい刺しゅう

世界のいろいろな刺しゅうが、その歴史から紹介されていて、
とても楽しい本です。
そのなかに、このイーラーショシュをデザインされた
谷崎聖子さんのことも載っていました。

世界のかわいい刺しゅう1

知れば知るほど、もっと知りたくなるすてきな刺しゅう文化だな~と思います。
谷崎さんがご紹介してくださってるHP(ICIRI・PICIRIの小さな窓)もあったので、
ご興味のある方はぜひ♪

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(*^。^*)
イーラーショシュ ステキです♥
私もいつか挑戦してみたいと思っています。
というか・・・刺したい技法がたくさんありすぎて、ワクワク&どれから?なんて迷います。

私は先日、東欧の刺しゅうの本を図書館で借りました。
北欧も好きだけど東欧もいいな~と結局は世界の手仕事は素晴らしいという自分的結論に達しました(=^・^=)

amalettさんのブログはとても参考になります。
出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもたくさんお勉強させてください♪

こんばんは〜♫

やりますねー、amalettさん。
ブランケットステッチはまるで定規のメモリのようですよ〜 お上手です!

私もその本は手芸店で立ち読みしました。
糸刺繍はたくさんテクニックがあるのでおもしろいですね。
私もまだまだ知らないテクニックはたくさんあります。
まだまだです……私も。

amalettさん、こんばんは。
かごにぴったりで、とても素敵です〜。
イーラーショシュ、インパクトがあるのにかわいらしくて、いいですね!
それからご紹介の本、私もインターネットか何かで見て、興味を持っていたところだったので、わっと思いました♪
図書館で借りてみようかな。

Jeunet先生、こんにちは(^.^)
いらしてくださってありがとうございます♪

いやいや、もう、図案がきっちり書いてあるキットですから、その通りにやったらできるのでございますよ(汗)

本では、このイーラーショシュ発祥の地カロタセグでも、みっちりビーズ刺しゅうが文化がある!とのこと・・鳥モチーフをビーズで刺しゅうしてあったりして、
世界はつながっているのね~♡と
大きなこと思っちゃいましたよ(笑)
美しいものは国は違えど美しいですね~(←当たり前か)

Jeunet先生の世界進出も応援してますよ~!!

lulu comuginさん、こんにちは♪

北欧も好きだけど東欧も・・ほんと!(^^)!
特にヨーロッパは大陸がつながっているからか、
刺しゅう文化も共通点があったりして、おもしろいですよね。
いろんな国の刺しゅうを組み合わせても
きっとかわいいだろうなぁと思ったりします♪
やりたいことが増える一方ですが(笑)

参考になるかどうかあやしいですが、
よかったらまた遊びにいらしてくださいね♪

lulu comuginさんの詩も
楽しみにしてますよ~(^.^)

megosuriさん、こんにちは(^.^)
いつもあたたかいコメントありがとうございます♪

この刺しゅう、糸の引き具合がいまいちわからなくて、難しいなぁと思ったりするのですが、
農家の寝具や教会の飾りに使われていたもののようで、
その土地の力強さや素朴さを感じますよね~
難しいけど魅力的♡

この本は、刺しゅうの文化がわかって
読み物としてとても興味深い本ですよ。
後ろにすこ~しだけおまけの図案がついてます♪
やってみたい刺しゅうが多くて、
目移りしちゃいますよ(笑)
よかったら手にとってみてください(^.^)
amalettプロフィール

amalett

Author:amalett
amalettといいます。
子育てをしながら、刺繍小物作りやソーイングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています♪ クリックいただけると励みになります。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR