amalettの刺繍日和

ARTICLE PAGE

ビーズ刺しゅう花弁、刺しなおし☆

みなさん、こんにちは(^.^)
なんか元気ね~って、それはそれは、うれしいことがあったのです♪

みなさんもよくご存じの、アアリワークをなさってる
Jeunetさん(Jeunetの刺繍制作記録☆)が、今回のビーズ刺しゅうにコメントくださって、
アドバイスまでいただいてしまったのでございます
Jeunetさん、ありがとうございます!

Couturierのビーズ刺しゅうキット、中央の花弁の部分からステッチするようになっているのですが、
このポーチの顔になる重要な部分にも関わらず、初心者の腕ではガタガタ・・
それぞれの花弁の真ん中がふくらむようなデザインなのですが、
その部分に「パディング=詰め物」をするとよいのだそう。

せっかくおしえていただいので、やってみたいじゃないですか~!(^^)!
なので、刺しなおしすることにしました♪

ちょうど説明書では、実の部分で、パディングらしきことをするよう書いてあります。
パディング1

パディング、とは書いてないのですが、これを参考にやってみることに。
パディング2

同色のビーズでするのが良いのだと思うのですが、
キットのビーズには数に余裕がなさそうなので、
手持ちのシルバーの丸大ビーズを使用して、たてに4つならべてみました。
その上に、指定のビーズを刺していきます。
パディング3

パディング4

おぉっ!美しいふくらみ・・・
詰め物なしでステッチしたときは、ぼこぼこした感じで形が整いにくい気がしましたが、
これなら初心者でもなんとか形になりそうです。

4つ全部刺して・・
パディング5

花芯もステッチ。
パディング6

Jeunetさんのアドバイス通りにしたらそれだけで、
満足のいく出来になりました

パディングって、大切なんですね~。
横から見るとわかるのですが、とても立体的な仕上がりになるんですよ。
パディング7

そして、ポーチにするならビーズがとれやすくなるので、
玉止めもしっかり、と教えていただいたので、
ちょっと念入りにやってみました♪

Jeunetさん、アアリワークのレッスンもされるそうです!
ぜひぜひ生徒第1号でお伺いしたいところですが、今回は叶わず。
ほんとにすばらしい先生なので、どうぞみなさんご参加くださいね♪

さぁ、がぜん楽しくなってきました!(^^)!
つづきもやってみま~す♪


関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

Jeunet  

こんばんは〜

初心者とは思えないくらい上手に刺せてます。
この調子です! 頑張って〜〜


ちょっと、うるさい小姑みたいですが
テキストで気になったことが…

ビーズを刺す時は糸は2本どりが基本です。(重いから)
スパンコールは1本どり。(糸目が目立たないよう)
ビーズとスパンコールを同時に刺す時は2本どりです。

これさえ知っていればなんとかなります。

2014/07/22 (Tue) 22:13 | REPLY |   

megosuri  

amalettさん、こんばんは。
ビーズ刺しゅうの花弁の刺しなおし、私には難しいことはよくわかりませんが、
すごくきれいになっていますね!

Jeunetさんのコメントで、即座にこんなふうになさるなんてすごいなあと思いました。
私は読んでも何がなんだかさっぱり…という感じで、お二人のやりとりにほ〜っとため息です。
続きも楽しみです。

ところで、amalettさんがキットを始められたのを見て、私も先日思い切ってクチュリエの申し込みをしたんですよ。

やりたいものはいろいろあるのですが、基礎的なものをやってみたいと思って、考えに考えて、3つに絞り込みました!
でもできるかなあと心配ですが、早く届かないかなあと楽しみにもしています。

手芸って楽しいですね♪

2014/07/23 (Wed) 00:05 | EDIT | REPLY |   

amalett  

Jeunet先生(勝手に弟子になってすみません・・)、コメントありがとうございます(^.^)

そうなんです、テキストでは基本1本どりなんですが、小さく注意書きで、好みによって本数をかえてくださいとあります。
初心者はその「好み」がわからないんですよね。

たまたますごく興味があって、田川啓二さんの本を図書館から借りたときに、まさに
Jeunet先生がおっしゃった通りに書いてあったので、
これはナイロン透明色の60番ミシン糸2本どりで刺しました♪

ボロが隠せるように透明色でステッチしてますが、
癖のある糸で苦戦しています。
色味の同じ手縫い糸で、と説明書にあるのですが、どんな種類の糸でビーズを縫いとめたらいいのか、そこからしてわからない初心者なのでした(*_*;

説明書の手順通りにステッチしていて、今は、刺繍糸2本どりでビーズを使わずアウトラインステッチをしていますが、すでに刺したビーズに気をつけながらステッチするので、とても神経を使います。
先にアウトラインしてた方が良かったかも?って・・

ビーズってガラス、なんですね。
刺しなおしたときに割れて(欠けて?)しまったものもあって、ていねいに扱わないと、と思うと、刺す手順も気になって。

でも、こんなに夢中になったの久しぶり!というくらい、魅力的な刺しゅうです!(^^)!

アアリワーク、やってみたい!
いつかJeunetさんのレッスンを受講できるよう、
がんばって働きますっ!(^^)!

2014/07/23 (Wed) 00:20 | REPLY |   

amalett  

megosuriさん、コメントありがとうございます♪

まぁ、megosuriさんが考えに考えて、クチュリエを3つに絞るだなんて、もう興味津津です!(^^)!

キットって、初めてだったので少し抵抗があったのですが(初心者でもできる内容なのかなって・・基本疑い深い性格なのね・・笑)
「知りたい」「やってみたい」という気持ちを満たすには十分なツールだなと思いました。
それに、身近に教室がなくても、
ブログを通じて、教えて下さる方がいるという幸せ、これはきっと、わたしの母たちの世代ではありえなかったことですものね。

それをきっかけに、さらに知りたい世界が広がるのだから、終わりはないのですが・・(笑)

megosuriさんのおっしゃるとおり、
手芸って楽しいです(^.^)

2014/07/23 (Wed) 00:41 | REPLY |   

Jeunet  

おはようございます。

糸はamalettさんはいっぱい持っていると思いますが
ミシン糸シャペスパン60番(ポリエステル糸)で大丈夫です。
色は材料の色に近いものがよいですね。
透明糸は扱いづらいと思います。材料によっては使うこともありますが…

ビーズはガラスですが、そんなにナーバスにならなくても大丈夫です。インドの材料などはもっとガタガタで
切り口も斜めだったりします。
おそらくこのキットの材料は日本製かな?
 
刺す順番は微妙ですが、ビーズがあるとジャマですね。
確かに…
アウトライン→ビーズ刺繍の順番でも大丈夫だと思います。

頑張ってーー

ではでは。

2014/07/23 (Wed) 07:44 | REPLY |   

amalett  

Jeunetさん、ありがとうございます!(^^)!

ミシン糸60番でいいんですね♪
それだと透明糸より刺しやすそうです!

ビーズ、たぶん日本製だと思います。
切り口が斜め、というのはなくて、粒がそろったきれいなものです。

刺す順番、今回は初めてだったので、
手順通りに刺しましたが、
次のキットでは今回のことをふまえて、
少し頭を使いながらステッチしてみますね♪

Jeunet先生にいろいろ教えていただけたので、楽しさが何倍にも増えました!(^^)!
ほんとうにありがとうございます♪

刺しゅう制作やレッスンの準備等でお忙しいのですね、憧れます!
暑さが続きますので、どうぞ体調管理にお気をつけてがんばってください。
遠くからですが応援していま~す!!!

2014/07/23 (Wed) 08:49 | REPLY |   

Leave a comment