Amalettの刺繍日和

ARTICLE PAGE

初めてのドロンワーク~片ヘムかがり

今ステッチしているボーダーのサンプラー。

blue系になってから、手がすすまない・・・そう、飽きてきちゃいました
green系の両脇にblueと思っていたけれど、
あ~そんなにステッチできな~い!
どうせなら、あたらしいことしたいな。
あたらしいことって?それはなに?

そう、あこがれのドロンワークはいかがでしょう。

サンプラーの端っこで、練習してみましたよ。

まず、糸を抜きました。
わかりやすいように5本抜いています。
ドロンワーク表

ちょっとお見苦しいですが、裏はこんな感じ。
ほつれないように、糸を2,3㎝残しておくのだそうです。
ドロンワーク裏

アブローダーを使いたかったけど、
とりあえず刺しゅう糸2本どりでかがってみます。
糸を抜いたところの2目下から糸を出し、縦糸4本をすくいます。
ドロンワーク1

縦糸4本をすくい、1回くるりと巻いたら、また2目下に糸を出します。
巻いた糸はかなりきゅっと引かないと、きれいな模様は出ないようです。
ドロンワーク2

だんだん模様が出てきて、心のなかは「きゃ~♪」ってなってました(笑)
ドロンワーク3

こんな感じで、最後までかがってできあがり。
ドロンワーク4

できそうです。それに、楽しいことこのうえなし!

参考にしたのは、野木 陽子さんの「わたしを飾るNew Lacework」です。

サンプラーの残りの部分は、いくつかドロンワークで飾りたいと思います♪






スポンサーサイト

2 Comments

koume  

ブログ村から来ました
こんにちは

私が習ったのは
片ヘムかがりは裏から刺し、
左から右へ進みました

出来上がりは一緒なんですけどね?
本によって違うんですね~

2014/06/26 (Thu) 22:24 | EDIT | REPLY |   

amalett  

koumeさん、初めまして(^.^)
コメントありがとうございます♪

裏から刺して左から右・・まったく逆なんですね。
参考にした本は、ドロンワーク専門の本ではなかったので、
やり方がいろいろあるのかもしれませんね。

「konomiの刺しゅう時計Ⅱ」というブログをされてるkonomiさんのドロンワーク図鑑には、
左右どちらからでも束ねられるとありました。
裏から刺すと、縫い目が表にひびかないのでしょうか・・それもきれいですね(^.^)

ドロンワークは初心者もいいとこなので、
奥深そうなステッチ、いろいろ挑戦してみたいと思います♪

コメント、ありがとうございました!(^^)!

2014/06/27 (Fri) 14:24 | REPLY |   

Leave a comment