Amalettの刺繍日和

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧縮ウールの黒ワンピース☆

毎日どうしてこんなに寒いんでしょう・・

日曜に息子が鼻風邪をひいて、うつってしまいました・・
寒さと同じくらいしつこい鼻風邪、今日は声も変わってきてしまいました(泣)

今週土曜日は息子の発表会。
司会を頼まれているので、それまでにこの声がなんとかなればいいのですが・・

それでその発表会用に、圧縮ウールで黒ワンピースを縫いました。

黒ワンピース

ラグラン袖のスクエアワンピース。
本はこちらから。

直線縫い

ラグラン袖は、気になる二の腕をカバーしてくれるので、すきな形です。

工夫した点は、落ち感がきれいなウールだったので、身頃と袖口フリルはバイアス裁ちにしたことと、
圧縮ウールなので、布端の処理はしなくても大丈夫ということだったので、
袖口と裾を切りっぱなしにしたこと。

切りっぱなし1
切りっぱなし2

バイアス裁ちにしたのは、こちらの本からヒントを。

Aライン

ただ、こちらの本の通りに一度ワンピースを縫ったのですが、
落ち感を出すために生地の分量をた~っぷりとってあって、
着用したときに旦那さんに
「え、もしかして、どやさどやさ、狙ってる?」って言われてしまったんですよね~。
今いくよくるよ、さんですよね。
あのバルーンのようなワンピースですね。

なので、型紙は別にして、生地を裁断するときだけバイアス裁ちにしてみたのです。
たっぷりとしたフレアは出ませんでしたが、落ち感を生かすことができて、
きちんとした感じのワンピースになったかなと思います。

普段着るときには、中にハイネックのセーターを重ね着したり、
それでも、という時には、
袖口のギャザー部分をとって別布を合わせたり、
裾も同じように別布で切り替えれば、もっと普段着っぽく着られるかなと思います。

渡部サトさんの「直線縫い」の本には、実物大の型紙はついてないので、
自分で作らなければいけません。
ただ、直線なのでおこすのは簡単でした。

ウール地だったので裏地をつけましたが、それでも1日あれば縫える簡単さです。

圧縮ウールは初めて使ってみました。
布端の処理がいらないというだけあって、生地が密な感じで
一見そうは見えないものの、縫うとかなりの厚さです。
光沢があるので、きちんと感は演出できるかなと思います。

さてさて。
親子で発表会、楽しんできます♪


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

satoco  

No title

amalettさん、こんにちは。
お裁縫のこと、てんでわからないのですが
細部にわたって丁寧に作られたことだけはわかります^^
こんなに素敵な自分用のお洋服が作れるなんてうらやましいです。
既製品だとどこかしら妥協しなきゃいけないですが、完璧に自分仕様ですから宝物ですね。
発表会、amalettさんも司会等々楽しんでくださいねー♪

2014/02/21 (Fri) 10:04 | EDIT | REPLY |   

amalett  

satocoさん、ありがとうございます♪

いつもあたたかいコメントありがとうございます♪

そう、おっしゃるように自分仕様、なのですが・・
着てみたら、襟ぐり部分がわたしにはあきすぎているようで落ち着かなく、
結局違う服を着たんです・・(泣)
これだから素人は困ります・・(^^ゞ

もっときちんと採寸して、途中途中確認して縫えばいいのでしょうけれど、
力不足で・・
勉強したいことが山積みです!

2014/02/23 (Sun) 18:51 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。