スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジーを想って

ずっと置きっぱなしにしていた
Angelina Brownのサンプラーを再開しました。

CIMG0431.jpg

36ct1overの文字は、目に沁みました・笑
アンジーと心の中でよんでいる彼女は1821年3月生まれ。
このサンプラーを仕上げたのは8歳の夏・・・

解説には、まわりのバラのボーダーは注意力に欠けているところもあるけれども
アルファベットサンプラー部分はすばらしく、
これから開花するであろう彼女の力量を物語っていると。
近くで見れば、針で刺したのであろう血のあとも残っているそう。

うちの息子とかわらない年齢の少女が
いったいどんな子どもで、どんな環境のもとで育っていて
このサンプラーをおしえたであろう家庭教師はどんな人だったのか、など
妄想は尽きることがありません。

CIMG0432.jpg

この部分、フェザーステッチでとあったのですが
本をよく見て・・・

CIMG0423.jpg

ファーンステッチがいちばん近い気がして、ファーンで処理。

ニードルマインダーも、こわれてしまったピアスで新調。

CIMG0429.jpg

アンジーのように、8月までに仕上がるとはとうてい思えないけど
今年の夏は、200年近く前にアメリカで暮らしていた少女を想いながら
針をすすめようと思います。

関連記事
スポンサーサイト

今年の夏は、衿つき長袖・・

気がつけば1カ月以上ブログ更新を怠っていました・・・

コメントをくださっていた方、お返事が遅くなってしまい
ほんとうにごめんなさい!
しかも、返信がなんだかおかしなことになってしまい、
名無しになったり「さま」が抜けていたり・・・
申し訳ない・泣

更新していなかった間にもいろいろあったのですがとりあえず。

衿付きチュニックを縫いました。

CIMG0379.jpg

CIMG0380.jpg

CIMG0381.jpg

巻きロックで衿を仕立てたのですが
いざウーリー糸を使おうと思ったら
糸通しのループが見当たらず・・・
結局ウーリーなしの3本糸で処理。

大川友美さん、だったか?の、パターンです。
ギャザーの感じがかわいいです。

そうそう、なぜ夏なのに衿つき長袖かといいますと。

猫のルーカスに噛まれたりひっかかれたりの傷が絶え間なく。
特に首に深くできたひっかき傷は
もう2カ月近く経つのですが、あとがケロイドのように残ってしまい
腕の傷もお見せするには耐えがたく、
今年の夏は首も腕もかくさなくては過ごせない状態です(*_*)

ルーカスはもちろん遊んでいるつもりで
すりすりしたり抱っこされたりなめてくれたり
そういう時の方がおおいので、もう仕方ないのです(^^ゞ

日焼け防止になっていいかも、と思うことに♪

オリジナル図案の刺しゅうはほとんどすすんでいませんが
気分転換のサンプラーはぼちぼちやっていますので
また次の機会に。
関連記事
amalettプロフィール

amalett

Author:amalett
amalettといいます。
子育てをしながら、刺繍小物作りやソーイングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています♪ クリックいただけると励みになります。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。