スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子クッキングと蝶レース編み

市主催の「親子でクッキング」に参加してきました♪

cooking.jpg

この企画は申込者多数で、今日はプログラムに参加できなかった人のために
新たに設けられたものでした。

なので、本来は2回にわけてある料理教室が、
今日は1回のみ、1日で終了です。

献立は、ツナ缶を使ったカレー、ミモザサラダ、枝豆スープ、カルピスプリン。
豪華ですよね♪

参加者は6班まであって、各班3家族くらい。
栄養士さん2人に、サポートに入ってくださるボランティアの方が7人。
参加費は1人につき300円なのに、とても充実しています
下準備もしっかりされていて、スムーズに進みました♪

サポートに入ってくださった方に、野菜嫌いをなくす秘訣を教えていただいたり、
息子もお手伝いをするたび、たくさん褒めていただいて。
「おいしいね!」と何度も言いながら、ごはんをいつもよりたくさん食べていました

色どりもきれいだったし、実際とてもおいしかったのですが、
自分で作ったという喜び、達成感で、さらにおいしさも増したのでしょうね♪

とても楽しい幸せな時間をありがとうございました

そして、これは母の作品。
老前整理をしていたら、40年近く前のレース編みの本を見つけたからと、
アンティークな図柄の蝶を編んでくれました。

蝶レース

「干し方に失敗したの・・」と、母。
ちょっと下端が伸びてます・・
いえいえ、嬉しいですよ
割とおおきいので、どんなふうに飾ろうかと思案中・・

手仕事は、ジャンルが違っていてもやはりあたたかみがあっていいですね~

さて、明日は「仮面ライダーショー」です・・
これで夏のイベントも一段落。
このところのイベント続きで、やたらハイテンションな息子くん。
暑さと一緒にそろそろ落ち着いてくださいね~


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

子どもエプロン♪

子どもエプロン、できました♪

子どもエプロン1

刺繍したポケットも、このカーズの生地には浮いてしまうんじゃないかと心配してたけど、
そこまで合わないこともなくて一安心。

子どもエプロン2

首ひもやウエストひもを、面ファスナーでつけるようになっているので、
子どもひとりでも着たり脱いだりできるうえ、
その面ファスナーに7㎝の余裕がとってあるので、
着られる年齢の幅もけっこうあるというすぐれもの♪

そのアイデアって、すごいですね~
ママデザイナーさん、さすが!

本は先日も紹介したこちら。

子どもpochee

このエプロンを着て参加する「親子料理教室」は明日なのですが、
ほかに三角巾や室内履きも必要。

三角巾はバンダナで代用する予定なのですが、室内履き・・
まだ幼稚園に行ってない息子は持ってなくて、
準備してもそのあと使う予定もないのでもったいないな~と。

そこで、展示会でご一緒させていただいたPuffさんに、この夏おみやげでいただいた、
くまモンの下駄を履くことに・・

くまモン下駄

エプロンにくまモン下駄、かわいくないですか~?

息子の大のお気に入りで、いただいたばかりなので
まだ外で履いたことないし、これで準備ばっちり!
Puffさん、ありがとうございま~す

明日は、怪我なく楽しい時間がすごせるといいな



ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
関連記事

藤城清治さんの展覧会に行ってきました

藤城清治さんの展覧会に、息子といっしょに出かけました。

展覧会

図録

10時開館で10時20分頃には着いたにもかかわらず、すごい人出・・

案の定、人ごみが苦手(しかもまわりは大人ばかり・・)な息子は
始めこそ「楽しみ~」と笑顔だったけど、
すぐに「ママ、もう帰りたい、帰ろうよ~」が始まり・・・

人ごみの中を15㎏の息子を抱っこして、
かろうじて観覧できたものの、ゆっくりと観ることはできませんでした・・
(あとでゆっくり、図録で感動再体験したいとおもいます)

それでも、圧倒的な美しさ、吸いこまれそうな感動に身もすくむ思いでした。

先日、某局の「日曜美術館」という番組で藤城さんを拝見した時も、
御年89歳という年齢にも関わらず、剃刀を手にもくもくと作業をされる様子に、
日本にはなんてすごい人がいるんだろうと思ったけれど、
会場で実際に、光に照らし出された数々の作品を目にして、
その思いを新たにしました。

今回は宮崎の観光地なども、巨大な影絵で表現した作品が展示されていて、
地元の魅力も再発見できました。

ちょこっと刺繍しただけで限界を感じる、な~んて言葉をはずかしげもなく口にする自分に、
ほとほと愛想が尽きます・・

もともと容量の少ない頭で、ごにょごにょゴタクを並べる前に、
刺繍がすきならやれることをやろうと思った時間でもありました。


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
関連記事

ポケット刺繍完成・・

息子のエプロンにつけるポケットの刺繍、やっと完成しました・・
まだアイロンもかけていないので、よれよれですが・・

eat me

クロスステッチで刺繍していたショートケーキは、
バランスが悪かったのでサテンステッチでやりなおし。

ウィンナー(の、つもり・・)を刺しているフォークにいたっては、
アウトラインやロング&ショート、サテンなど、5.6回はやりなおしたでしょうか・・
結局、ストレート、サテン、アウトラインを使ってなんとか刺繍しました。

いつも楽しいばかりの刺繍が、
ずいぶんおひさしぶりのステッチで初めての図案に挑戦するという無謀なことをやってしまったために、
後半は「早く終わりた~い」という気持ちになってしまいました・・

今年の目標のひとつが、オリジナルの図案をおこす、というものなのでいきおいやってしまったけど、
限界を感じた今回・・

きちんと刺繍をならったことがないので、「ちゃんと知りたい!」という気持ちが日に日に増していきます・・
息子もまだちいさいし、仕事も不定期なので難しいのですが、
通信講座なら・・

「楽習フォーラム」というところで、刺繍ステッチ検定というものが通信で受けられるようですが、
どうなんだろう・・通信でどこまで学べるんだろう・・と、一歩踏み出せずにいます

結局、刺繍でわたしは何をしたいのか?というところに行きつくのですが、
四の五の言わずただやりたいものを刺繍していけば、答えが見つかるのかな・・(←え?ひとりごと?)



ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

関連記事

子どもエプロンポケット刺繍途中経過

息子のエプロンのポケットに、
息子が描いた絵を刺繍しようと思いました。

まずは絵をスキャンして、おおきさを決めます。

スキャン

某教育番組で、恐怖マンガ家の楳図かずおさんが、
驚いた顔の描き方を教えてくださるというのがあって、
それを見たあとしばらく、ずっとこんな顔ばかり描いてた息子・・

刺繍してみました・・

kの絵

あいてる部分に、食べ物に関する刺繍をしてみたいな、と。
息子に「すきな食べ物はなに?」とアンケート(!?)をとりながら、
まだ途中ですが、こんな感じです。

△飾り

子どもエプロンなので、ちょっとポップな感じにしたいなと、
いろんな色を使っています。
ショートケーキは図案をお借りしましたが、あとは考えながら刺してます。

▽飾りの色がお気に入り♪
メインはあくまで息子の絵なので、飾りはぐっと色をおさえたのですが、
ちょっとベビーものっぽくなったかも。
「EAT ME」はこの口の感じから思いついて、アリスからとりました。

ただこれを、レッスンバッグを作ったカーズのキャラクター生地につける予定なのですが、
合うのかどうか、それが問題だ・・


さぁ、今日はこれからその息子とちょっと遠出をします。

星空コンサート2


折り線が入ってて見にくいですね

我が家からは車で片道1時間ほどかかるのですが、
こちらで月に2度、コーラスの指導をさせていただいてるご縁もあります。
なにより、このあたりの景色がわたしはだいすきなのです♪

kijo.jpg

この景色のすぐ近くにある比木神社の木がこちら。

kijo-ki.jpg

トトロが住んでいそうです♪

コンサートは、赤ちゃんからいらしてください、というものなので、
こちらでこんな催しのあるときはできるだけ参加させていただいてます

今日は星空の観察もさせていただけるということで、
息子には夏の思い出がまたひとつ増えるかな。
機嫌よくしてくれるといいけど・・



ランキンに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

関連記事

すずらん図案、よろしかったらどうぞ♪

なんどもやりなおしていたすずらんの図案。

このすずらんをきっかけに、ブログ上でお知り合いになってくださった方もいて、
お世辞でも「すてきですね」と言ってくださったことが、とても励みになっています♪

機会があったら、この図案をフリーチャートとして載せたいと思っていました。

あいにくわたしはPCに疎くて、図案もソフトを使っておこしているわけではないので、
いろいろ試してみたもののきちんとした形で載せることが難しいことがわかりました。

そこで、エクセルで作った2㎜方眼紙に図案を書きこみ、
写真に撮って載せてみたらどうかなと。

図案として機能するのか不安ですが、
写真部分を印刷していただいたら、図案は見えるのではないかなと、やってみることにしました。

すずらん図案枠付き2
(前回の図案に間違いがありましたので、さし替えています。
 印刷された方は、お手数ですがこちらのほうを参考になさってください・・)

実際に刺繍したものがこちらです。

すずらん枠付き

まだ仕立ててもいませんが、Zweigart 28ctに、DMCのEcru2本取りで刺しています。

商用目的でのご使用はお控えいただければと思いますが、
もしも気に入っていただけたら、嬉しくおもいます♪

みなさんそれぞれの刺繍日和をお楽しみくださいね


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
関連記事

ソーイング本

今月末に、保健所で開催される「親子クッキング」に参加します♪

息子はなんでも真似をしたがるお年頃。
台所に立って食事の準備を始めると、椅子をひっぱってきて
「けいちゃんもやる~!」

子ども用の包丁も買いましたが、危なっかしくて時間もかかるので、
なかなかゆっくりとはできません

こんなお料理教室?に参加したら、なにかヒントになるかと・・

持参するもののなかにもちろん「エプロン」も入っていて、
これから作らなくては、なので本をさがしに行きました。

ソーイング本

こどもソーイングの方には、たくさんのアイテムが載っていて、
これから入園の準備などもあるのでいろいろ使えそう♪

もう一冊の野木陽子さんの本は、ソーイングに刺繍をプラスしたものが紹介されていて、
ひとめぼれ・・

ステッチしたことのない技法がほとんどだけど、
だいすきなアイレットステッチもたくさん登場しています。
それと、やってみたいと思っている図案と、この本にとりあげられてるステッチが、
頭のなかでぴったり一致して、
「これだ!」と。

それはこちら。

スワンハンカチ

白いハンカチに、アブローダーという糸でオーバーキャストというステッチが施されています。

ん?ん?はじめて聞く言葉ばかり・・

だけど、このレースのような刺繍、アイレットステッチをすきな理由もそこにあって、
刺した部分の、むこうがわの空間がみえるこのステッチに憧れるのです

刺繍してみたい図案は、祖母の初盆で見た提灯に描かれていた、対い鶴(むかいづる)とよばれる家紋。

残念ながら写真がないのですが、
愛敬のある鶴のお顔に、きちんと計算された装飾的な羽の模様が、
ずっと眺めていたいほど魅力的だったんです。

そのときはクロスステッチで、と思っていたけど、
このスワンを見て、これでやってみたいなぁと・・

妄想はどんどんふくらんで、ただでさえ容量の少ない頭のなかはもふもふになってますが、
あたらしいステッチなだけに、わくわくします♪

どうか、実現できますように


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
関連記事

すずらんエプロンできあがり

パソコンの調子がわるくて、先週にひきつづき工事にきてもらっていました。

7月くらいから結構頻繁に、突然ネットにつながらなくなるということが起きて、
アパートの回線の問題だったり、室内のケーブルの問題だったり・・・
この記事も、3回目、だったりします

これを書いている今も「また消えたりする?」とどきどき・・
普段使っているツールが使えないって、ほんとに不便ですね・・

さて、何度か図案をやりなおしていたすずらんのエプロンが、
やっとできあがりました♪

ポケットの刺繍部分。

すずらん図案と抜きキャンバス

抜きキャンバスをはずすと、すずらん登場。

すずらんポケット1

すずらんポケット2

抜きキャンバスはやっぱり刺しづらくて、もうしばらくはいいかな、という感じですが、
図案はやっぱりやりなおしてよかった

キャンバス使用独特の、刺繍部分のふっくら感もてつだって、
雰囲気がかわいらしくなった、と思うのです♪

ポケットひとつだけに刺繍して、もうひとつはポケット口のレースだけにしました。

すずらんエプロン

りぼん部分をおおきくしたので、あとはシンプルなほうがいいかと。

すずらんは花言葉もすてきだし、この図案は気に入ったので、
きちんと(!?)刺したくてZweigartに刺繍中。

ポーチS

ちゃんとカウントしてないのですが、どうも布目がおおきいようで、
かわいらしさが出るかちょっと不安・・

ほかにも、縫いたいものや図案をおこしたいものがいくつかあるので、
すこしづつがんばろ~


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村



関連記事

バルーンワンピースと本

ほんとに毎日暑いですね

でも、最近夕方5時を過ぎると、街中に白いもやのようなものがかかってきて、
急に日暮れがやってくるような感じなのです。
この前まで、6時を過ぎても7時になっても、ほんとに日が暮れるの?
というほど明るかったのに・・

ベランダにかかる日差しも角度がかわってきて、どんなに暑くても
やっぱり季節は移ろっているのですね♪

明日は、101歳で逝っただいすきな祖母の初盆です。

礼服で出るのかと思っていたら、先に祖母宅に行っている母が、
クーラーの調子が悪くて、もしかしたらクーラーなしかもしれないから、
できるだけ涼しい格好できて、と。
人が住まなくなった家は、痛むのも激しいんですね・・
クーラーを注文しようにも、2週間先まで予約でいっぱいとのこと。

身内だけだから、地味な色味ならなんでもいいということなので、
ワンピース縫いました。

バルーンワンピース

またまた茅木真知子さんの本から、バルーンワンピース。

この裾の切り替え、いる?と思っていたけど、
これがあるだけで全然表情がかわります♪

夏はこんなあっぱっぱの麻ワンピースが一番涼しい
明日はコサージュはつけず、薄手の黒いカーディガンにちいさなパールのネックレスでもして出ます。

そして今日は午前中、用事がいくつかあって近くのショッピングモールに行きました。

人が少ないうちにと早めに出かけたにもかかわらず、ものすごい人、人、人!
映画館の前はくねくね長蛇の列、エレベーターから降りようとする人も、降りられず立ち往生・・・
人ごみが苦手なわたしは、ひーっ
きゃーとテンションのあがる息子の手をひいて、
さっさと用件を済ませることに・・

気になっていた本を購入しました♪

陰影礼賛

柳沢小実さんの「気持ちいい暮らしの必需品」
谷崎潤一郎さんの「陰影礼賛」

柳沢小実さんの本は、ちらっと立ち読みしていったんは買わずに帰ったのですが、
何日たっても頭から離れず、購入することに。

「陰影礼賛」は、高校生のときだったか、授業でやたらおいしそうなお味噌汁のくだりを読んで以来、
記憶のどこかにひっかかっていたもの。

暗い色味のお椀のなかに深くしずむ味噌汁、たちのぼる白い湯気・・(もう20年前の記憶
お弁当前の授業でこれはなんとせっしょうな・・!と。
それ以来、「陰影礼賛」=「世にもおいしそうなお味噌汁の物語」(←谷崎ファンの皆様、ごめんなさい!)

この「陰影礼賛」が、コメントを寄せてくださるmegosuriさんの愛読書だとお聞きして、
この機会にちゃんと読んでみようと思いました♪

日もとっぷり暮れた8時過ぎ。
耳を澄ませば、秋を感じさせる虫の鳴き声も聞こえてきます。
たまには針を持つ手をやすめて、読書もいいかも・・・


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村


関連記事

質問のお答え♪

「わたしなりの刺繍の基本」というタイトルで記事を書かせていただいたら、
ほんとにびっくりなのですが、ブログ村の刺繍部門注目記事の1位に選んでいただきました・・
自己流の簡単な説明にも関わらず、たくさんの方に注目していただけたこと、感激しています。

リクエストくださったmegosuriさんの「夏の夕べのガタガタ日記」というブログが、
megosuriさんのお人柄も反映されていてソーイング部門でとても人気があって、
その記事のなかでわたしの拙い記事をたくさんとりあげてくださっているので、
おおくの方の目に触れる機会をいただいたのだと感謝しています・・
ありがとうございます!

今日は、その記事に関してmegosuriさんからたくさんご質問いただいたので、
わかる範囲でお答えさせていただこうと思います♪

以下、>の文はmegosuriさんのブログからお借りしました。

>この「無印のケース」と書かれているのは、アクリルケース・横型・3段・大でしょうか。

そうです
糸に関わらず、冷蔵庫の中でも(!!)中に何が入っているのか一目でわかる収納でないと、
片づけ下手なわたしはすぐに見失ってしまうので、
糸も色や種類がわかるようにクリアケースに収納しています。

>この無印のケースに入った糸は「サンプラー用の糸」とのこと、サンプラーとは刺繍見本のようなものでしょうか。
作ったら自ら繰り返し使うのでしょうかね?

こちらがその図
サンプラー糸

サンプラーとはおっしゃる通り刺繍見本なのですが、わたしが今刺しているサンプラーは、
1826年に、当時7歳だったAngelina Brownさんによって刺繍された
アメリカンスクールガールサンプラーを復刻したものです。

サンプラーとよばれるものは、現存しているもので1300年代のエジプトのサンプラーにまでさかのぼることができる、歴史のあるものです。
「LUMIER-403」さんが「Samplerのこと、あれこれ」というタイトルで紹介してくださっているので、
そちらを参考にされると詳しいことがわかります。
サンプラーのことが知りたくて集めた本がこちらです。

サンプラー本etc

これらの本によると、最古のもので、13世紀のエジプトの刺繍職人が、顧客のために作ったと思われる
サンプラーが残っているそうです。
ヨーローッパ各地で作られたサンプラーは、17世紀にはいると少女たちの学校教育に取り入れられるようになりました。
アメリカのスクールガールサンプラーは、イギリスの伝統を引き継いだものだと言われています。
少女たちは、サンプラーにアルファベットや数字を刺繍することで読み書きの基礎を学び、
聖書の言葉や著名な文筆家の文章を刺繍することで、女性に必要な道徳観念や文学などを学びました。
時間をかけてサンプラーを完成させることで、忍耐を得、喜びやプライドを身につけていきました。

現代ではこのサンプラーが再注目されていて、18,19世紀のサンプラーを復刻したものや、
刺繍デザイナーがあたらしくデザインしたサンプラーなど、たくさんのものを目にすることができます。

それに刺激されて作ってみたミニサンプラーがこちらです。

ミニサンプラー

ミニサンプラー2

クロスステッチのみでデザインされているサンプラーもありますが、
見ていて楽しいとわたしが思うのは、いろいろなステッチが入っているものなので、
ここでは、スターアイレット、レギュラーアイレット、ロココステッチ、フォーサイドステッチ、
レイジーデイジーステッチ、バックステッチを入れています。

11㎝×16㎝のちいさなサンプラーなので、アルファベットと数字は32ctに1overで刺しています。
なんどもやりなおしながらこれを刺繍したときはほんとに楽しくて、
自分で図案を考える楽しさを初めて知ったサンプラーです。

>白いケースの針セット、私はこれの赤い版(クロバーのニードルコンパクト(ソーイングタイプ))を持っていますが、それの刺繍針版でしょうか。

こちらがそれです。

刺繍針セット

記憶があやしいですが、もう5,6年前に購入したものじゃないでしょうか。
セットになっていて、なんでも使えると思い準備しました。

>使いかけのものはどうされているんでしょうね。

使いかけの糸は、刺しかけのサンプラー用の場合すぐに使うことが多いので、そのままその束の上に置いておいたり(クリアケース参照)
そうでないものは糸巻きに巻いたりしています。
どこかに持って出かけるときは、束のまま持っていくか、ちょっと面倒ですが刺すことのできそうな分量の糸をそれぞれ糸巻きに巻いて、そこから使うようにしています。

使いかけ糸

一応、色番を記入したりしていますが、すぐに使う色の糸ならともかく、
しばらく置いたままだと存在を忘れてしまって使わずに終わってしまうことも・・・
なので、できるだけいろいろなものに手を出しすぎないよう気をつけています。
とはいっても、誘惑に弱いのですぐに違う図案に走っちゃうこともしばしばですが・・

道具

>このはさみで刺繍をやり直すのでしょうか、リッパーではなく?

そうなんです。
リッパーは、服を縫ってやり直したいときには大活躍ですが、
刺繍の場合、とくにクロスステッチの場合は、布目を引っ張りすぎて痛めてしまうことがあるので、
使わないようにしています。
このはさみで、布を切らないように気をつけながら刺繍した糸を切っていきます。

>ピンセットのようなものが見えますが、どんなときに使うのか。

そこで、このピンセット(毛抜き、かな)が登場。
切れてほわほわになった糸を、毛抜きでやさしく取っていきます。
他のかたがどんなふうになさってるのか、そもそも刺し間違いややりなおしがない方が多いのかもしれませんが、
気に入らないと先にすすめないたちなので、あれ?と思ったら、やりなおすようにしています。

>真ん中の丸いものには糸切りばさみが入っているの?

これが何を指しているのかちょっとわからないのですが、もしかしてシザーキーパーにしている
ビスコーニュのピンクッションのことでしょうか?

>赤鉛筆らしきものは何に使うの?

鉛筆は、図案の真ん中(これを中心に、刺したい場所を決めるので・・)をさがしてマークするときに
使っています。
例えばポーチに刺繍する場合、刺繍したい場所がありますよね、そこにきれいに刺繍部分をおさめたいので、
図案の真ん中を探して、きちんとおさまるのか布目を数えてそこから刺繍を始めるわけです。

>丸い缶に入っているのは使いかけの糸??

そうです♪
出先で刺繍してる場合、準備の時間もなく刺繍を終えなければいけなくなったりするので、
とりあえず刺繍糸をいれておくためのものです。
すぐに整理すればなんの糸かわかるのですが、どんどんたまってしまってますね

>「クロスする糸のどちらを上にするか決めたら、最後までその方向を変えずに刺すこと」とありますが、これは、×の順番ということでしょうかね?

そうです。
クロスのどちらの糸を下にするか上にするか決めたら、その方向を守って最後まで刺さないと、
思わず笑ってしまうほどおかしなクロスステッチになってしまうんです(←経験済み

>もしかしたら、私が知らないだけで、amalettさんは『天然生活』などに載ったりしている方なのでしょうか?

もうmegosuriさん、買いかぶり過ぎです
でも、そんなふうに言っていただけてとてもうれしかったので、
ちいさな作業場をご紹介♪

作業場

「天然生活」さんは、だいすきな雑誌です♪
その天然生活さんとつながるところがあるとすれば、これです。

タペストリー

「天然生活」さんの2012年4月号の誌上で、チャリティーフリーマーケットがありました。
普段はそれほどくじ運などないわたしですが、このときは当たったのです♪
セキユリヲさんのスウェーデン織りのテストピース。
ランチョンマットなどにもと書いてありましたが、とてもとても。
タペストリーにして、手仕事をしながらどこからでも見える場所に飾ってあります
「どうぞおがんばりなさい」と言われているような気がして(←妄想好き・・)
手仕事もはかどるのです

インテリアは上手ではないけれど、だいすきです。
家にいることが多いので、すこしでも居心地よくしたいと、日々奮闘しています♪

手仕事もインテリアも、お料理もガーデニングも、家に関することにはとても興味があります。
ここはとても古いちいさなアパートですが、短い人生のなかで、家族が幸せだと思える時間が
すこしでも長くおおくあればいいなといつも願っています♪


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
関連記事

オルガンコンサート

刺繍とは全然関係ない内容ですが・・・

今日はパイプオルガンコンサートに行ってきました。
0歳から参加できるコンサートとあって、たくさんの親子連れの方が来場してました♪

もともとは宮崎大学の跡地にできたホール。
春にはお花見が楽しめる文化公園と、大きな美術館も同じ敷地内にあります。

公園

park.jpg

奥に広い芝生が広がっています。

美術館

美術館

今、影絵作家の藤城清治さんの展覧会が開かれているので、これもぜひ行ってみたい♪

そしてホール

ホール

ホール内は残念ながら撮影禁止だったのでお見せできませんが、
このなかのアイザックスターンホールにあるパイプオルガンは、日本一のおおきさだそうです!

初めてオルガンの音を聴く訳ではないのですが、詳しいことは知らず・・・
今日は子ども向けのコンサートだったので、簡単なレクチャーもあって、勉強になりました。

パイプオルガンの歴史は、2200年前ギリシャにさかのぼる、とか、
このホールのオルガンには、パイプが4047本使われている、とか、
おおきいパイプは7m、ちいさいものは12㎜、などなど♪

会場は小さいお子さんもたくさんいらっしゃるのでちょっとざわついていましたが、
演奏者のみなさん(今日はオルガン奏者と、バイオリン、フルートの3名)は
最後まですごい集中力で、迫力ある素晴らしい演奏でした
普段の生活にはない空間って、リフレッシュできます

演目も、小さい子どもから大人まで楽しめる内容で、よく練られたプログラムでしたし、
なによりオルガンの音色を初めて聴く息子は、とてもうれしそうでした♪

「どうしてピアノより大きな音がでるの?」といいながら、
バイオリンの弓の動きが気に入ったらしく、一生懸命真似をしていました。

ちいさい子どもが、こんな大きなホールで本物の演奏を聴く機会はほんとに少ないので、
ありがたい企画だと思いました。

オルガンを近くで見られるワークショップもあったのですが、
今回は残念ながら抽選にはずれてしまいました・・・
定期的に開催されているようなので、この秋にもまた行ってみたいと思います♪


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村


関連記事

わたしなりの刺繍の基本 2

次は、サテンステッチで刺してみます。

花弁と葉がサテンステッチ、花芯はフレンチノット、茎はアウトラインステッチで刺繍していきます。

こちらはまず図案を写す作業から始めます。
図案をトレーシングペーパーに写したら、
刺繍する布を一番下に、その上にチャコペーパーをおき、図案をのせてサンドイッチ。

チャコペーパ

035.jpg

036.jpg

チャコペーパーは、わたしの持っているものがハズレだったのか、しっかりと写らないので、
カーボン紙を使用しています。

図案はずれないよう、クリップなどでとめておきます。
写すのは鉄筆というのを使います。
ここではクローバーさんの鉄筆を使っていますが、インクの出なくなったボールペンなどで十分代用できます。

037.jpg

こんな感じ。
サテンステッチには方向があります。
かわいらしい刺繍をされてて人気のある刺繍作家、annasさんがおっしゃっていたのは、
刺す方向にガイドをつけて刺繍すること。

まずは花弁。丸いので、真ん中にガイドをつけて、そこから左半分、つぎに右半分とすすめていきます。
刺し始めの糸は、クロスステッチのときと同じように、
図案から少し離れたところに残しておいて、刺繍がすすんでから裏で処理します。
糸は2本どり、フランス刺繍針を使ってください。

038.jpg

039.jpg

040.jpg

これで花弁一枚分できました。
この要領でのこり3枚もステッチします。

041.jpg

花弁ができました。
糸処理。042.jpg
裏も表と似たような感じになっているので、糸の間に通すような感じで処理します。

花芯はフレンチノット。言葉で説明するのが難しいですが、ようは玉どめのような感じです。
ここでは2回巻いています。巻きつけた糸を少し引っ張るようにしてとめると、きれいに刺せます。

043.jpg

044.jpg

続いて茎。ここはアウトラインステッチ。これはなんだろ、返し縫いのような感じかな。
言葉が足りなくてごめんなさい
このアウトラインステッチだけで刺繍してもとてもかわいいものができます。
たいていの本にはやり方が載っているので、さがしてみてくださいね♪

045.jpg

最後の葉っぱ。
このサテンステッチには方向があるので、ガイドをつけながら刺繍します。

046.jpg

このガイドの方向に、左側、右側と刺していきます。

047.jpg

048.jpg

できました♪
この図案は、サテンステッチのほうがかわいいですね。

ならべてみるとこんな感じです。

049.jpg
050.jpg

同じ糸を使っても、刺繍の技法で表情が違ってきますね。
サテンステッチは久しぶりにやってみましたが、これも楽しい

もともと絵を描くのがすきなので、刺繍も糸を使って絵を描いているような気持ちで刺しています。

手芸とは言っても、やればやるほど奥が深くて、刺繍したいものも増えていって、学びたいことも増えます。
わたしはまだその入り口に立っているだけで、この先にどんな景色が広がっているのか、
想像するだけでもわくわくします♪

megosuriさんのおかげで、刺繍のよさを再発見できて、ほんとに感謝していますありがとうございます!
megosuriさんが知りたいと思っていたことをお伝えできているのか不安ですが、
なにかひとつでも、参考になっているといいな~


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
とても励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村




わたしなりの刺繍の基本 1

「夏の夕べのガタガタ日記」というタイトルで、すてきなソーイングをたくさん紹介されてるmegosuriさん♪

いつもあたたかいコメントをくださって、とても励まされています

そのmegosuriさんから、刺繍について知りたいとリクエストをいただきました♪
こんなわたしに、なにかお伝えできることがあるのか疑問ですが、
せっかくブログを通してお知り合いになれたので、できることをやってみようと・・

きちんと習ったこともなく、自己流なのでどうぞご了承くださいね

クロスステッチとサテンステッチをもちいて、わたしの思う刺繍の基本ご紹介します。

糸ケース

まずは糸。
無印のケースが刺繍糸の収納にぴったりなので、こんなふうにしています。

サンプラー糸

これは今刺しているサンプラー用の糸。
ソファの近くにケースの引き出しごと置いて、いつでも刺繍できるようスタンバイ。

刺繍糸

刺繍糸にはいろいろな種類があります。
これは左から5番刺繍糸、8番刺繍糸、25番刺繍糸です。
いちばんよく使うのは、25番刺繍糸。
番号がおおきくなるにしたがって、糸自体は細くなっていきます。
DMCのものをよく使っていますが、艶があって発色がとてもきれいです。

刺繍針

刺繍針。
クロスステッチでは、糸割れをさけるために針先が丸くなっているクロスステッチ針を使います。
サテンステッチはフランス刺繍針、これは先が尖っています。
これも号数があって、糸と同じく数字がおおきくなると針が細くなります。
今刺しているのは35ctの布(布については次でご紹介しますね)なので、28番のクロスステッチ針を使っています。

布

刺繍布。
サテンステッチは、布であればほとんどのものに刺繍することができます。
クロスステッチは、図案を写すのではなく、布目を数えながら刺していくので、
布目が見える麻布などがよく使われます。
これにもたくさんの種類があって、選ぶのも楽しい作業です。
ct=カウントは、1インチ=2.54㎝のなかに何目あるのかで決まります。
わたしが知っている中で一番細かなものは40ctです。
とても細かいので目が疲れますが、やはり仕上がりはとても繊細できれいです。
だいたい一目飛ばしの2overで刺すことが多いです。
ここでは基本をするので、目のおおきなジャバクロスの細目を使って刺繍してみます。
ジャバクロスは一目づつ1overで刺します。

刺繍枠

もうひとつ。
布目が数えられない布にクロスステッチしたい場合は、抜きキャンバスを使います。
刺しあがりがふんわりとした感じになります。

枠は、張りのある麻布などをつかうときには使わずに刺繍することもあります。
左が直径10㎝、右が12㎝のものです。
今回は10㎝枠を使用します。

花図案

今回の図案は、ワンポイントに使えるようなちいさいお花にしてみました。

クロスステッチ用はこちら。

方眼紙

自分で図案を起こすときは、エクセルで作った2㎜方眼紙に書いています。
クロスステッチ

ここで刺繍するときに使っているお裁縫箱をご紹介。

お裁縫箱

道具

刺繍をやりなおすことが多いので、はさみは先の尖っているものを使っています。
刺繍はどこでもできるので、このお針箱をおともにして、
息子のレッスン待ち時間にも、刺しかけのものを刺繍しています。

材料

今回は4色の刺繍糸を使います。

糸端

25番刺繍糸は6本で縒ってあります。
糸端を見つけたらやさしく引きだします。
糸の長さは肩幅くらい、だいたい4,50㎝でしょうか。
長くし過ぎると、刺しているうちに縒ってきて絡む原因になるので、注意します。

今回は2本どりで刺すので、1本づつぬいてひきそろえます。

019_2013080918115090b.jpg

020_20130809181154dd1.jpg

お見苦しい手でごめんなさい
こんなふうにやさしく引っ張ると、絡むことなくできます。
めんどうなようですが、できあがりをよくしたいので縒りがとれるようやはり1本づつそろえてください。

糸通し

針に糸を通すときは、舐めたりせずに、針の頭で糸ををしごくようにして、糸の折り山を穴に通します。
ではまずクロスステッチから刺していきます。

023.jpg

クロスステッチにはほんとうにたくさんのやり方があって、これが正解というのはないんじゃないかとわたしは思っています。
気をつける最低限のことは、クロスする糸のどちらを上にするか決めたら、
最後までその方向を変えずに刺すこと。
なんども刺繍するうちに、自然と裏もきれいにしたいと思うようになりますし、
上から下に刺すか、左から右に進むか右から左か、その人に合ったやりかたが見つかってきます。

わたしの場合はクロスの右が上で、これは北欧に多いやり方だと、北欧の手仕事をおおくなさっている
kiccaさんがおっしゃってました。(記憶に間違いなければ・・
今回はそのやり方で、上から下に向かって進めていきます。

最初の糸は、慣れないうちは玉どめをしてもいいのですが、
ジャバクロスの目がおおきいので、玉どめも抜けてしまいそうなので、
刺し始める場所から少し離れたところから刺し、糸端を残しておきます。
これは刺繍がすすんでから裏で処理します。

024.jpg
025_20130809200448bd9.jpg
026_20130809200452067.jpg

027_20130809200456477.jpg

これで一目できました。
糸は強く引きすぎると布がつれてしまうので、ちょっと気をつけます。

2段目は左から右に3目、ハーフクロスステッチで進んで、右から左に戻ってクロスを完成させます。

028_20130809200500113.jpg

029_20130809200857fbd.jpg

片手で撮っているので、ぶれてしまってますね

030_201308092009007cf.jpg

途中で糸がなくなったら、裏にかえして、刺し目に糸を絡ませながら処理します。
クロスしながら刺しているので、そんなに簡単にほどけることはありません。
最初の糸も同じように処理して、新しい糸を足すときも同じようにしてから続きを刺します。

031.jpg

花芯は赤い糸を使います。

032.jpg

続いて茎と葉を、上から下に進めていきます。

033.jpg

できあがり。
布目がおおきいうえに、図案もざざっと作ったので、クロスステッチのかわいさがうまくお伝えできてませんね
とりあえず、やりかたがお伝えできたらよしとしましょう。(←疑問・・

さて、サテンステッチにいきますが、先ほどPCがかたまってしまって記事を残すことができなかったので、
念のため、新しい記事で続きをご紹介させてくださいね♪


ランキングに参加しています。
クリックしただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村





関連記事

ワンピース

ワンピースができました。

だんなさん曰く、「ナウシカが着てそう・・・」

なるほど・・

ワンピース

袖口はふんわりさせたかったので切り替えました。

スカート部分はギャザーにしてあったのですが、
この形のワンピースでギャザーにするとあまくなりすぎると思って、
すっきりとタックにしました。

しっかりして少し厚みもある麻の生地だったので、
重ね着して秋口でも着られるよう、ゆったりサイズです。

スカラップレース生地は初めてですが、
やっぱり豪華ですね。
裾の始末をしなくてもいいので楽ちんだし♪

さて、これを着こなせるのかが問題です・・・


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
関連記事

一段落です・・・

かかりっきりだった仕事が、ちょっと一段落。
まだチェック等残っていますが、やるだけはやって、気に入ってもいます♪

やっと日常(!?)が、自分の中でですが、戻ってくる感じがしています

それで、ブログにアップしたかったこといろいろ・・・

その1:Angelina Brownのサンプラーつづき

angelina.jpg

今は初めて刺すライスステッチというのをしています。これが楽しい!
全然進んでないけど、新しいステッチを刺すのは、
いくつになっても学ぶのが楽しいのと同じで、どきどきわくわくします。
この色も、シャーベットみたいでだいすき♪

regulareyelet.jpg

そして、スターアイレットと区別して記載されているレギュラーアイレット。
PのとなりのQがそれです。
これもとてもすき

△のボーダーも、200年近く前の図案とは思えないほど新鮮でかわいらしいし、
アルファベットの色づかいもぐぐっときませんか?

見るのもすき、刺してもすきなサンプラーに初めて出会えて、ほんとにしあわせだなって思います


その2:ローズマリー挿し枝移植

ローズマリー

息子がお世話になってるピアノの先生から、ローズマリーをわけていただきました。

ローズマリーはこれまでも育ててきましたが、
横に這う形のものばかりで、ちいさなベランダでは場所をとりすぎてあきらめていました。
「これならだいじょうぶかも」とわけていただいたローズマリー。

水に挿していたら、見事な根がでてきました。
この暑い最中では定植はむずかしいかもと思いながら、
植え替えて、今は日陰で待機中。

ローズマリー2

料理に使ったり、リースにしたり、
生活のいろいろな場面で活躍してくれるローズマリー。
どうかおおきく育ってね

その3:スカラップレース生地のワンピース

スカラップ

去年のセールで半額で購入したスカラップレース生地。

茅木真知子さんの本からワンピースにすることにしました。
今週末、息子とパイプオルガンコンサートに行く予定なので、
それに間に合うといいな~。


その4:初スイミング

スイミング

3歳の息子、初スイミングしました。
お風呂でも顔をつけられない(目をつぶるのがいやなんです・・・)怖がりの息子。
生まれて初めてプールにいきました♪

どうやらとても楽しかったらしいので、スイミングスクールにいってみようかと。
いろんなことがどんどんできるようになって、
赤ちゃん言葉半分だった話し方が、ここ2,3カ月で急に、
しっかり子どもになりました
とてもうれしいのにどこか寂しい・・

もうすでに、赤ちゃんだったころを思い出せないほどです。

たくさんありがとうを言いたいです

そんなこんなで、また日常が戻ってきたので、
すこしづつがんばります


ランキングに参加しています。
クリックいただけると、
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
関連記事

猛烈に・・・

なんだかものすご~く久々の更新のような気がする・・・

仕事のほうに集中していて、この暑さも相まってもう何がなんだか。
ただでさえ容量の少ないこのちいさな頭が、もうボッロボロのゴッタゴタ

猛烈に手をうごかしたくなって、早起きして久々に刺しました。
やりかけのサンプラー。

mostnoble.jpg

workbasket2.jpg

早朝にも関わらずギラギラ照りつける太陽を、いったん見なかったことにして、
だいすきなラジオ「古楽の楽しみ」を流してちくちく・・・

あ~これなのよ~これがわたしのもとめていた愛~(←もはやおかしい・・)

↓この状態から刺したので、今日一日、家事と息子の相手以外は猛烈!?に刺しました。

workbasket 2

ちょっとすっきりしました

急いでやらなければいけない仕事でもなかったのに、
性格なんだか、とにかくがむしゃらにやっていて、
でもなかなか納得いくものができなくて、気持ちばっかり先走ってました・・・
こんなんじゃいいものなんてできるはずもなく、今日はなにもしない日と決めました。

もうね、いい年してまだまだ自分のコントロールができません

どこかのCMではありませんが「なにごともバランスが大事」ですね。
反省。

今日刺した部分はほとんどが同色で埋めていくところだったので、
なにも考えず手をうごかせていい気分転換になりました♪

このままこのサンプラーに逃げたい気持ちがむくむくですが、
明日はまたがんばろうっと

あ、でもこのサンプラーも年内には仕上げたいな~。
今年後半の目標は、「バランスよくがんばる」に決定


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

関連記事
amalettプロフィール

amalett

Author:amalett
amalettといいます。
子育てをしながら、刺繍小物作りやソーイングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています♪ クリックいただけると励みになります。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。