スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すきな絵本

こちらは今日も雨です。

刺繍日和です・・・

お茶の時間に好きな絵本を。

バーカートの「白雪姫と七人の小人たち」。

白雪姫

絵本

画像が暗くてちょっと見にくいですが、ため息が出るほど細やかな絵です。

絵は見るのも描くのもすきです。
学生のころ美術部にも所属していて、友人の勧めで学内で個展など開いてました。
懐かしい思い出です♪

一番すきなのは水彩画ですが、
この白雪姫の頬をみていて思い出しました。

人物画を描くとき、肌の色をだすのに朱色と黄色を混ぜ、
水で溶いて薄くのばすと、白いパレットの上に、鮮やかな血のような色があらわれて、
それを眺めてはうっとりしてたな~って。

バーカートの白雪姫は、グリムのお話といい絵といい、
あやしいほどまでに美しくて、ぞぞっとします。


この絵のあとに載せるのはちょっと勇気がいりますが、
これはわたしが描いたペン画です。

ルル

もう亡くなって10年になりますが、学生のころから一緒に暮らしていた、
「ルル」という名前の猫です。
なぜ紙をこんなギリギリで切ってしまったのか、
たぶん深く考えず余白あたりに描きはじめて、
夢中になるうちに描き込み過ぎたんでしょうね~

細やかな絵を見るのはだいすきなのですが、
自分の描き込みすぎる癖は嫌いでした。

刺繍をすきなのは(わたしのすきなタイプの刺繍の範囲、ですが)
ものをある程度単純化すること、
絵の具のかわりに糸で表現することで、立体化して輝きがうまれること。

ステッチしたところに光があたると、角度によってはまるで
ちいさな宝石のように見えますよね

クロスステッチだと、遠くからみれば絵のような女性でも、
近くに寄るとあたり前だけど目が「×」になっていて、
すご~くチャーミング
刺繍なんて全然知らなかったわたしは、びっくりしてすぐに夢中になりました!


な~んて、雨の日の午後はとりとめもなく、
いろいろ想いをめぐらせるわたしでした。

さて、夕食の準備時間までもう少し、
針を持つことにします・・・


ランキングに参加しています。
クリックしていただけると
励みになります。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

バラ刺繍ワンピースエプロン

バラ刺繍のワンピースエプロンできあがりました♪

久々に使った抜きキャンバスが刺しにくかったけど、
タック横のバラがいい感じかな~って、ちょっと嬉しいです

水色刺繍エプロン

試し刺しでは刺繍糸1本取りでしたが、
実際のエプロンに刺すときは、
タック止めやポケット口につけたレースに負けてしまわないよう、
2本取りで刺しました。
もこもこして刺しにくかったけど、やっぱり正解!

バラ刺繍

近くで見るとこんな感じ。

バラ刺繍アップ

抜きキャンバスできれいに刺すのって、難しい・・・

白いキャンバスに白糸だったから余計に難しく感じたのかな~。
刺繍用リネンに刺すと刺し目が整然として、その刺し目を眺めるのもだいすきなんだけど、
抜きキャンバスを使った刺し目は、見ててな~んかすっきりしない・・

課題だな~

エプロンなので、繰り返しのお洗濯にも耐えられるよう、しっかり刺しました。
糸始末も入念に渡して。
薄手の生地なので、夏に着用しても軽く感じられると思います。

これを贈られる方、気に入ってくださるといいな~

初めておこしたバラの図案。
しばらくマイブームになりそう♪


ランキングに参加しています。
クリックしていただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
関連記事

今日は、刺繍とは関係ない話題ですが、本について。

午前中、息子のピアノのレッスンだったので、
待ち時間に読もうと本棚から薄い本を1冊持ってでかけました。

リンドバーグ夫人の「海からの贈り物」。

文庫本に記した日付をみると、平成3年とあるので、
もうかれこれ22年前、学生の時に買ったもののようです。

海からの贈物

こどものころから本は好きでよく読むのですが、
くりかえし読むものはきまっていて、古典とよばれるものがほとんどです。

おもしろいのは、その時々で感じるものが違うこと・・・

この文庫本のなかにもいくつか線をひいてあるので、
きっと以前読んだときに何かしら感じたところなんでしょうね。
でも、今その部分を読み返しても、特に何も感じなかったりします。
逆に、そうだよね~と共感するところがほかにたくさんあったりして、
きっと新しい家族を持ったことや子どもを授かったことなど、
環境の変化や年齢など、いろいろなものが作用してるんだなと思って興味深いです。

今日感じた箇所を、抜粋してご紹介します。

「・・・家で仕事をしている時でも、流行歌手が脇にいて歌ってくれる。
 昔の女のように一人で空想に耽るほうが、まだしもこれよりは独創的なものを持っていた。
 (中略)しかし今日では、私たちは私たちの孤独の世界に自分の夢の花を咲かせる代りに、
 そこを絶え間ない音楽やお喋りで埋めて、そして我々はそれを聞いてさえもいない。
 (中略)この騒音が止んでも、それに代って聞こえてくる内的な音楽というものがなくて、
 私たちは今日、一人でいることをもう一度初めから覚え直さなければならないのである。」

いまのわたしにはすごく心に響きました。

リンドバーグ夫人が、大西洋横断飛行に初成功したあのリンドバーグ大佐夫人であること、
5人のお子さんがいた(長男は2歳で誘拐殺害されたらしいのですが・・)こと、
文筆家という仕事を持っていたことなどを考えるとなおさらです。

わたしは、自分が女性としてうまれたことを幸運だなと思っているのですが、
女性のなかにもこんな考えを、もうずっと昔に持っていて、
そしてそれを表現する術を持っていた人がいることに、励まされると同時に、
いまの自分をふりかえって、ほんとにあまいな~と思うのです。

だからって、えいや!っとなにかがんばる訳でもないんですけどね~

でもひさびさに、リフレッシュできた気がしました~
やっぱり本って、いいですね♪(え、水野晴郎さん?)




クリックいただけると
励みになります♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村



関連記事

バラ試し刺し

ワンピースエプロンに刺すバラの図案ができたので、
エプロン生地に試し刺ししてみました。

試し刺し

つぼみや葉の部分でちょっとなやんで、
結局バランスを考えて、リボンを足してみました・・・

ご注文いただいた方は、遠くにお引っ越しされた方に贈りたいとおっしゃってたので、
その気持ちを込めてリボンもいいかと。

リボンって、いつの時代も女性にとって「スペシャル」ですもんね。

水色の生地に白糸が映えて、かわいいと思えたので、
これで刺繍することに。

ワンピースエプロンはこんな感じです。

水色エプロン

タック横にシンメトリーに刺す予定。

抜きキャンバスを使うので少し刺しにくいですが、
気持ちをこめて、ていねいに刺そう♪
関連記事

オリーブとツビスト刺繍

ベランダのオリーブに、実がなりました。

結婚したときにやってきて5年、初めてのことです

オリーブの実

オリーブ

ちびなわたしの背を追いぬくほど成長したオリーブ。
いまでは我が家のシンボルツリーのようになっています。

実がなるものはいいと聞くので、
なにか素敵なことがおこりそうで、ちょっと楽しみだったりします♪

シンボルツリーといえば、部屋のなかにもこんな木(!?)が・・・

フィカス

フィカスウンベラ-タです。

いちどはこの鉢のなかに、4階だというのに蟻が巣をつくってしまって、
蟻の巣コロリを使ったら、葉がすべて落ちてしまいました・・

もうだめかな~と思いながら、土を入れ替えて鉢をひとまわりおおきくしたら・・
なんということでしょう こんなにおおきくなっちゃいました~

だんなさんは「おれの居場所がますますなくなる・・・」とか
「引っ越すことになったら、これ玄関から出ないよ~」とか言ってますが、
家のなかにグリーンがあるのはやっぱり落ち着きます

そしてあらこんなところに。

ツビィ

ツビィ2

我が家の幸せの青い鳥、ブルーボタンインコのツビィです。

父の仕事の関係で、転校をくりかえしていたわたしに、
ごくごく幼いころから両親が鳥を飼いあたえてくれました。
ひよこ、鶏、十姉妹、セキセイインコ・・・
いつもそばに鳥がいたので、おとなになった今もこうしています

目のまわりの白い隈取りと、すいこまれそうな青色がたまりません
とはいっても中型インコなので、くちばしの力はものすごく、
ツビィがご機嫌ななめのときは流血覚悟です

とと、話が横道にそれました。
ツビィの名前の由来でした。

ツビィが我が家にやってきたころ、刺していたのがツビスト刺繍です。
今でも冬になると刺したりしています。

これはマザーズバッグのポケット口を、5番刺繍糸でツビスト刺繍しました。

マザーズバッグ

ツビスト刺繍

北欧の手仕事をいろいろなさっているkiccaさんの図案をもとに刺しました。
5番刺繍糸で刺したら、季節を問わず持てるかな~と刺し始めましたが、
全面を埋めないといけないので、時間がかかりました

こちら右のピンクッションは、ちいさなてしごとのkiccaさんのキットで。

左はまだ仕立てる前ですが、ネットで見たスウェーデンのフィン織りだったか、かわいいなぁと思って、
図案をおこして刺してみました。

ツビスト刺繍2

鳥づくしですね
冬になったら持てるよう、ポーチに仕立てる予定です。

ツビスト刺繍は全面をうめるのがすこし大変だけど、
さくさくすすめられるし、毛糸のぬくもりが恋しい冬にはもってこいの刺繍だと思います。
北欧の雰囲気も味わえますしね










関連記事

サンプラーとお茶の時間

今朝は、5時過ぎに目が覚めました。

この季節、外はまだ街灯こそ点いているものの、
すでにあかるくて、小鳥の鳴き声が響きわたるさわやかさです。

ささっと身支度をととのえて、久しぶりに刺しかけのサンプラーに向かいました。

workbasket.jpg

A most noble pursuit の The workbasket のブロックです。
10組のデザイナーが、女性をテーマにデザインされたサンプラーです。

昨年の8月くらいからとりかかっているのですが、
あいまにほかのものに手を出すので、ゆっくりとしかすすみません

下の段の5ブロックはこんなかんじです。

noble pursuit

おおきいので、両手刺しができるようにスクロールフレームを使っています。

下の段のお気に入りブロックは、Carriage house samplings の A lady's dream

ladys dream

なんとなく、竹久夢二の美人画にも似ているようで、見ていて飽きません。

展示会の前後は32カウントに刺していたので、
この35カウントのサンプラーを刺すと「刺繍してるな~」という感じがします

時計が朝6時をまわったら、ラジオをつけます。
早起きのお楽しみ、「古楽の楽しみ」です♪
わたしが高校生のころは「朝のバロック」って名前じゃなかったかな~
いや、「バロックの時間」か・・・

ともかく、クラシックの中でも特にその時代がすきなわたしは、
まだ街の音の少ない、朝日がきらきらの時間に聴くこのラジオ番組がだいすきです。

今朝はオルガンでしたよ
朝から荘厳な空気のなか、「ぷふふ、やっぱり早起きは三文の徳ね~」と、
にやにやしながら刺繍するわたしを、なにかいけないものでも見てしまったかのような表情で横目にみながら、
だんなさんはゴミ出しついでにジョギングにでかけていきました・・・


そして、早起きのおかげで一日が長く感じられる今日は、
午後のお茶の時間に、ワンピースエプロンに刺すバラの図案も考えています。

お茶の時間

今日のお茶は、展示会でご一緒したChiffonさんからいただいた、
水出し紅茶のアップルティー。
これがおいしくて、今日みたいに暑い日は何杯もいただいちゃいます!
Chiffonさん、ありがとうございま~す

お茶のおともは、これまたいただきもの。
秋田のおみやげ、あきたこまち入りかりんとうです♪

う~ん、鉛筆すすむわ~と思いきや、書いては消し、書いては消し・・・

バラの花の部分は、単色刺しの予定なのでわりとすぐできたのですが、
意外とつぼみの部分が難しい。
葉っぱもちょっと気に入らないし・・・

ちょうどまた、バラが剪定後のつぼみを持っているので、
スケッチしなおさなくてはと思っているところです。






関連記事

レッスンバッグと子どもシャツ

5月からピアノを習い始めた息子に、
レッスンバッグを作りました

カーズの生地は、息子が自分で選びました。
わたしの目には、キャラクターものがチカチカうつるので、
切り替え部分に刺繍をしています。

表と・・・

レッスンバッグ2

裏です。

レッスンバッグ

息子がおおきくなって、意味がわかるようになったらきっといやがるだろうな~と思いながら、
習い始めたころにすきだった「もの」や「歌」を英文で刺繍しています。
英文なんてえらそうですが、わたしが作る英作文ですから基本中の基本ばかり・・・

自転車の刺繍は、ちょっとがんばって図案をおこしてみました。
そう、今年の目標のひとつは、オリジナル図案をおこすこと・・・

自転車図案

図案ではちゃんと丸になっている後輪のタイヤが、
刺繍ではちょっとずれています・・・

自転車刺繍

もう初レッスンに間に合わな~い!と、夜中2時まで針をもっていて、
そんな時に間違いに気付いたのでやりなおす気力がなかったのです・・・

だけどレッスンバッグが縫いあがったとき、
息子が「ありがとうね、ママ。ここに飾っておくね
と、ソファに置いてくれた時には、涙が出そうでした・・・

実はわたしは音大出身なので、ピアノをおしえることはできるのですが、
息子にはどうやっておしえたらいいのか・・・
息子にとってわたしは、先生である前にママで、
わたしにとって息子はやっぱり、生徒ではなく息子なんですよね~。
このままでは導入で失敗して、音楽そのものを嫌いになってしまうかも、と。

それで、とても信頼できる先生におまかせすることにしたのです。

おかげさまでいまは子どもも喜んで通っています

そして、その息子のシャツです。

子供シャツ1
子供シャツ2

あたりまえですが、自分のこのみで生地を選んでいるので、
「似合うじゃんか~
と自己満足♪

衿付けに苦戦しましたが、文句を言わずなんでも喜んで着てくれる、今のうちだけの楽しみです♪


そして、ブログでも紹介しましたが、
ご注文いただいたエプロンワンピースの刺繍部分も、
できればオリジナルにしたいな~と図案を作成中です。

これは注文をいただいたときの展示用エプロン。
ウクライナ伝統の図案を刺繍しています。

刺繍エプロン
ウクライナ刺繍

ご注文では、水色の生地で、ということでしたので、
白糸一色で刺そうかと思っています。

その図案のもとにしようと、5月のベランダのバラをスケッチしたものがこちら。

バラスケッチ

バラは病気が多いからわたしには無理、と、今まで手を出さずにいたのですが、
「コーヒーオべーション」という名前のこのバラは、見たことのない色合いをもっていて、
なんどもなんども迷ったあげく、昨年ベランダにやってきました。

スケッチした頃に、咲き誇っていたバラを撮っていたはずなのですが、
データがPC上で行方不明・・・アナログなわたしにはこんなことしょっちゅうです

それはさておき、
バラを図案におこすのは難しいと、以前聞いたことがあるので、
できるのかどうか不安ですが・・・がんばります
関連記事

展示会終了しました♪

昨日で、展示会無事に終了しました♪

お天気がよかったり悪かったり、気まぐれな梅雨空にもかかわらず、
たくさんの方に足を運んでいただけて、充実した1週間になりました。

来てくださったみなさま、本当にありがとうございました

もともと出不精な上に、子どもがまだちいさいこともあって、
世の中と関わる機会の少ないわたしですが、
主催してくださったpuffさん、H先生のおかげで、
新しい出会いもあり、学ぶこともいっぱいで本当に感謝しています。

そして、またまた作りたいものも山積みなので、
よい刺激を受けて心がきらきら(?)している今のうちにとりかかろうと、
やる気スイッチon!のわたしなのでした

さてさて、この生地たちは何に生まれかわるのかな?

052.jpg

そしてすでに裁断されたこの布たちは?

054.jpg

もちろん刺繍も忘れてませんよ

053.jpg

近くの雑貨やさんで見つけたかわいい写真立て。

こういうのを見るとつい刺繍したくなります♪

ミシンを使うものはまとまった時間が必要だけど、
刺繍はちょこっとの合間に針を持てるので、リビングのかごにいつもスタンバイ。
そしていちど針を持つと、今日は早く休もう!と思う日でも、
あと少し、あとちょっと・・・とまらなくなるんですよね~
刺繍すきな方はきっと「うんうん」と思ってくださるはず

でも、実は展示会でワンピースタイプのエプロンのご注文をいただいたので、
それを先にお仕立てしなければなのです。

夏空に映えそうなきれいな水色の生地で、
刺繍入りのエプロンをお仕立てする予定です。
ちょっとどきどき・・・
心のきらきらを信じてがんばるぞ~
関連記事

展示会初日終了♪

無事、展示会初日終了しました。

お天気もさいわい梅雨の合間の晴れ、お客さまたちにも足を運んでいただけてほっとしました

一緒に展示させていただいてる方たちとも、すこしの時間ですがお話できて、
わたしのこのちいさな世界が広がった気がして、とても充実した一日でした♪

こちらは、会の主催者のひとりでもあるpuffさんの作品・・・

001_20130605003651.jpg

公私にわたってお世話になっていて、刺繍をすきになるきっかけをつくってくださったかたでもあります。
肌触りのいいダブルガーゼ生地で作られた、フード付きはおりものです。


そして、いろいろなイベントで活躍されているChiffonさんの作品がこちら・・・

030.jpg
029.jpg

Chiffonさんの選んだセンスあふれる素材たちが、ていねいな仕立てで、生活に寄り添った形になっています・・・
実はわたしも、作品のなかの通帳ケースを購入させていただきました。
とにかく仕立てが美しい。そして、こんなの欲しいな~と思ってたものがきれいに形になってる・・・
そんな印象でした♪


そして、展示会では唯一、布物以外の出品者のmomococoさんです。
お人柄もとってもすてきなんですよ~

004.jpg

ほんとにいろいろな顔をお持ちで、親しい方たちも知ってびっくり!!ということがたくさんあるmomococoさん。

学生時代ガラス専攻という経歴の持ち主で、ご自宅の窯で作るとんぼ玉はどれも個性的で魅力的。
たくさんの方が手にしていかれました。

展示会でも紹介されてますが、「AC犬猫保護活動&ひまわりの家」の活動に参加されていて、
ご自身のブログでもその活動内容を発信されてます。
今回の売上の一部も、その活動資金にあてられるそうです。
アメブロで検索したらすぐにmomococoさん見つかりますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします。


そして、毎回すてきな世界を見せてくださるbruin's nougatさん。

027.jpg
028.jpg

このなんともいえずかわいらしいテディベアたちは、どれもbruin's nougatさんオリジナルの子たちです
定期的にお教室も開かれてるほか、今回は新作のキットも出品されています。

シンプルだけど、どれも洗練・厳選された素材で作られたテディベアたちには、心が感じられます。
初めての展示会の時に、一目ぼれしてうちにやってきたbruin's nougatさんの白いうさぎ。
当時まだ1歳だった息子に、と思っていたのですが、
愛着ありすぎて、今は縫物部屋の棚にすわっています(笑)


こんな感じで、感じたこと全部お伝えするには到底ちから不足ですが、
足をはこんでくださったお客さま方をふくめ、とっても素敵な空間にご一緒させていただける幸せに
胸がいっぱいの一日でした♪

ありがとうございました




関連記事

いよいよ展示会です♪

明日から展示会がはじまります。
今日は搬入でした。

昨日やっとポーチができあがったので、飾り方のシュミレーションなどしていました。

そして・・・

025.jpg

こんな感じになりました。

一点一点はこんな感じです。

003.jpg
005.jpg
006.jpg
007.jpg
008.jpg
009.jpg
010_20130603220706.jpg
011.jpg
012.jpg
013_20130603220717.jpg

これは、作ってみたかったフロスリングです。
ピンクッションにも仕立てた図案を雰囲気をかえて、刺繍にたいする想いを言葉にして刺してみました。

ポーチは、リバティをはぎ合わせて特別感をだした、つもり・・・(笑)

ちいさな額は、やはり1800年代のサンプラーをアレンジしてつくりました。
中にある「forget me not」は「勿忘草」の意味で、実際の勿忘草は紫色です。
でもどうしてもこの色で刺したくて、あわいピンクになりました・・・

そして、息子がうまれたときにつくったプレイマットはこちら。

026.jpg

このころは、クロスステッチ以外の刺繍もいろいろしていて、
これはほとんど高橋 亜紀さんの本から図案をお借りして、アウトラインステッチで刺しました。
出産に間に合うのか?と、はらはらしながら作ったのを懐かしく思い出します♪

その息子も、今では3歳。
わたしが写真を撮っていると、こんな風に真似をしたいお年頃です・・・

019.jpg

鏡にうつった自分を撮っています(笑)

こどもの目線はこんな感じ。

018.jpg

そしてやっぱり自分に興味があるようす・・・

022.jpg

いつの間にかすわりこんで、足など撮影。
虫さされのあとがおもしろかったのか?

それはさておき・・・

展示会にはこのほかに、写真を撮り忘れましたが、こども丸衿シャツと刺繍入りスモックエプロンを出しています。

一緒に参加させていただくほかのかたたちは、数も多く仕立てもデザインもきれいで、
手作り好きのわたしとしては、その空間にいるだけでしあわせ度120%です。

またあしたちゃんと確認をしてから、会場の様子もあわせてアップさせていただきたいと思っています。

初日の明日は、お天気も回復するようですので、
お近くのかた、興味のあるかたはぜひぜひ足をおはこびください♪
関連記事

amalettタグを作りました

展示会の時の作品につけるタグを作りました。

002_20130601101558.jpg

イメージ通りにできました♪

これまでの展示会はお手伝い気分で参加していたのですが、
今回は名前をつけさせていただいて、こんなタグ作りにも力がはいります

タグはたくさんできたのですが、作品が・・・がんばります
関連記事
amalettプロフィール

amalett

Author:amalett
amalettといいます。
子育てをしながら、刺繍小物作りやソーイングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています♪ クリックいただけると励みになります。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。