スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしなりの刺繍の基本 2

次は、サテンステッチで刺してみます。

花弁と葉がサテンステッチ、花芯はフレンチノット、茎はアウトラインステッチで刺繍していきます。

こちらはまず図案を写す作業から始めます。
図案をトレーシングペーパーに写したら、
刺繍する布を一番下に、その上にチャコペーパーをおき、図案をのせてサンドイッチ。

チャコペーパ

035.jpg

036.jpg

チャコペーパーは、わたしの持っているものがハズレだったのか、しっかりと写らないので、
カーボン紙を使用しています。

図案はずれないよう、クリップなどでとめておきます。
写すのは鉄筆というのを使います。
ここではクローバーさんの鉄筆を使っていますが、インクの出なくなったボールペンなどで十分代用できます。

037.jpg

こんな感じ。
サテンステッチには方向があります。
かわいらしい刺繍をされてて人気のある刺繍作家、annasさんがおっしゃっていたのは、
刺す方向にガイドをつけて刺繍すること。

まずは花弁。丸いので、真ん中にガイドをつけて、そこから左半分、つぎに右半分とすすめていきます。
刺し始めの糸は、クロスステッチのときと同じように、
図案から少し離れたところに残しておいて、刺繍がすすんでから裏で処理します。
糸は2本どり、フランス刺繍針を使ってください。

038.jpg

039.jpg

040.jpg

これで花弁一枚分できました。
この要領でのこり3枚もステッチします。

041.jpg

花弁ができました。
糸処理。042.jpg
裏も表と似たような感じになっているので、糸の間に通すような感じで処理します。

花芯はフレンチノット。言葉で説明するのが難しいですが、ようは玉どめのような感じです。
ここでは2回巻いています。巻きつけた糸を少し引っ張るようにしてとめると、きれいに刺せます。

043.jpg

044.jpg

続いて茎。ここはアウトラインステッチ。これはなんだろ、返し縫いのような感じかな。
言葉が足りなくてごめんなさい
このアウトラインステッチだけで刺繍してもとてもかわいいものができます。
たいていの本にはやり方が載っているので、さがしてみてくださいね♪

045.jpg

最後の葉っぱ。
このサテンステッチには方向があるので、ガイドをつけながら刺繍します。

046.jpg

このガイドの方向に、左側、右側と刺していきます。

047.jpg

048.jpg

できました♪
この図案は、サテンステッチのほうがかわいいですね。

ならべてみるとこんな感じです。

049.jpg
050.jpg

同じ糸を使っても、刺繍の技法で表情が違ってきますね。
サテンステッチは久しぶりにやってみましたが、これも楽しい

もともと絵を描くのがすきなので、刺繍も糸を使って絵を描いているような気持ちで刺しています。

手芸とは言っても、やればやるほど奥が深くて、刺繍したいものも増えていって、学びたいことも増えます。
わたしはまだその入り口に立っているだけで、この先にどんな景色が広がっているのか、
想像するだけでもわくわくします♪

megosuriさんのおかげで、刺繍のよさを再発見できて、ほんとに感謝していますありがとうございます!
megosuriさんが知りたいと思っていたことをお伝えできているのか不安ですが、
なにかひとつでも、参考になっているといいな~


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
とても励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
amalettプロフィール

amalett

Author:amalett
amalettといいます。
子育てをしながら、刺繍小物作りやソーイングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています♪ クリックいただけると励みになります。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。