スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒いイーラーショシュのポーチ

フェリシモのキット、5回目のポーチができました。

CIMG9661.jpg

説明書では内布はつけないのですが
それだと寂しいのでドット柄で。

CIMG9660.jpg

ちいさくても存在感ありありです。

キット最後の6回目は、青糸でクッションカバー。

CIMG9653.jpg

初めての頃は、糸を引きすぎて布のサイズが大きく変わるほどでしたが
だいぶコツがわかってきて、
ほとんど引かずに、糸替えも本通りにできるようになりました。

キット最後は、クッションカバーにはせず、
額装にしようかと考えています。


スポンサーサイト

イーラーショシュ かぶのモチーフ

仕事や行事が重なり、ベビーシューズがなかなか進まないのですが
息子の習い事の待ち時間に
ちょこちょこ刺せるイーラーショシュを始めました。

CIMG8556.jpg

felissimoのキット、順番をひとつとばして
赤糸でかぶのモチーフです。

最初の頃にくらべたら、
糸をそれほど引かずにできるようになった気がする~♪と思っていたけど
形ができるにつれて、布もつれてくるのはなぜ。

短い時間でもさくさく進められて、やっぱりこれも楽しいです♪

青いイーラーショシュ完成

仕事等でなかなかまとまった時間が取れず、
息子の習い事の待ち時間に刺していたイーラーショシュのほうが
先に刺し終わりました。

CIMG8387.jpg

半年近く放置してました・汗
刺し方もすっかり忘れていましたが、
なんとか完成。

チューリップ、根、きゅうりにバラ、のモチーフなんだそう。
キットをやり重ねるうちに、
最初ほど糸を強く引かずにできるようになってきた、と思っていたけど
やっぱりあちこち「よよよ~」とよれます。

帆布のようにしっかりした生地に刺せば
また感じが変わるのでしょうか・・・
いや。単純に腕の問題ですね・笑

チューリップに根、きゅうりにバラ

今日はやっと、クリスマスツリーを片付けました・汗

外国では、1月1週目くらいまでツリーを飾ったままだと聞きましたが、
大晦日も間近になると、さすがにツリーをそのままにはしていられない気がして・・・

イーラーショシュ、相変わらず楽しいです♪
生活に根ざした刺繍ゆえか、身近なものがモチーフになっていておもしろいです。

こちらはチューリップと根。下の丸い部分が根だそう。
球根?だからか、まんまる。
CIMG7683.jpg
チューリップの中は、雌しべだそう。

そして、こちらはきゅうり。なんできゅうり?
CIMG7686.jpg

きゅうりにもきれいな縁飾り。
CIMG7693.jpg

これはバラになります。ブランケットリングステッチ。
CIMG7694.jpg

はい、花びらをつけてできあがり。
CIMG7700.jpg

これからバラを左右対称に配して、最後にぐるりを飾っていきます。
CIMG7699.jpg

息子の様子がわかるように、ソファに座って刺しています。
刺繍にはむかない椅子なのか、長時間刺してると腰やおしりが痛くなりますが、
刺しかけも絵になる、イーラーショシュです♪
CIMG7692.jpg

イーラーショシュとクロスステッチ

クリスマスですね♪

検定を提出してから毎日お出かけつづき。
息子とクリスマス会に出かけたり科学技術館へ行ったり。

昨日は、来年引っ越す家の年内最後の手続き。
銀行で大きな(←わたしにとって、ですが・笑)お金が、短い時間に右から左、上から下へ。
ふぅ。家の購入ってほんとに大変なんですね。
市役所にも何度足を運んだことか。
そしてわたしたち家族は、書類上ではもう引越ししたことになってたりします。
クリスマスまでばたばたなんて、今年はほんとうになんて年!

さて、検定終了では、たくさんのあたたかいコメントをいただいてほんとうにありがとうございました(^O^)
翌日早速送りました。
審査に1ヶ月ほどかかるということ。
また結果が出たらご報告させてください♪

そして始めたもの。
Couturierのキット3回目のイーラーショシュ。
CIMG7665.jpg
ずいぶんと模様が細かくてちいさいです。

前回刺してからだいぶ時間がたっていますが、
少し慣れてきたのか、糸の引き具合がちょっと落ち着いてきたようで
布がひきつれるようなことが今回は少ないです。
模様が細かいことが逆に幸いしてるのかも。

キットをデザインされた谷崎聖子さんの本を買ってから、
ずっと刺したくてうずうずしていました・笑
決して得意な刺繍ではないはずなのに、
イーラーショシュにはとても魅力を感じます♪
みっちり図案を埋めていくのも気持ちがいいですし、
糸が太いので割と早く刺せるのも魅力かも。

そしてもうひとつ。クロスステッチ。
CIMG7667.jpg
Jeunet先生のレッスンに参加させていただいたときのお教室、
アードフィルさんで購入したキット。
知り合いの方に、すてきな額をいただいたので
それにちょうどいいかなと。
引越したら飾りたい♡

ただ、キットがドイツ語で意味がわからず、
今刺してるところはブラックワークの要領で輪郭線をとっているけれど
終わってる部分はバックステッチでやってしまったのです。
途中で、ん?糸足りる?と、そこで気づいて
あわてて変えましたが、足りるかどうか・汗

そんなこんなで大掃除もせずにちくちくしております/(-_-)\
amalettプロフィール

amalett

Author:amalett
amalettといいます。
子育てをしながら、刺繍小物作りやソーイングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています♪ クリックいただけると励みになります。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。