スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手帳カバー表は・・☆

手帳カバーの表は、こんな感じになりました。

枠

ボタンホールステッチで枠を作って・・

枠2

カットしてこんな感じ。
そこにカットワークのスワンをいれてしつけをかけて・・

枠3

透明糸でまつり縫い。
裏布には桜色の麻布を。

枠4

このまま仕立てようかと思いましたが、
せっかくなので、裏側に花文字を刺繍することにしました。

花文字

amalettのAを。
図案は、母に譲ってもらったこちらの本から。

rakam2.jpg

rakam.jpg

日本ヴォーグ社刊の「RAKAM」
1978年のもので、いろんな技法の刺繍が載っています。
中には懐かしい昭和の香りただよう図案もありますが、
ほとんどが現代でもじゅうぶん通用する、というよりかえって新鮮な図案がたくさんです。

花文字は初めてステッチしますが、
久々に刺すバリオンステッチや、アウトライン、フレンチノットなどで構成されたものです。

表とはまた表情の違うものになりそうなので、楽しみです♪


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

カットワークで手帳カバーを・・

新年度ですね。
今日入社式を迎える方や入学式を迎える皆さん、おめでとうございます♪
よき旅立ちの時となりますように・・

年度末、新年度と、それなりにあわただしい今日この頃。
ブログも滞りがちですが、4月始まりの手帳カバーだけは早く作りたいぞと。
4月、なってしまったんですけどね(笑)

cutworkcover.jpg

スワンで刺したカットワークを、楕円形の額に入れたようなデザインにしたくて、
25番刺繍糸4本取りでステッチ中です。

カットワーク、一度やってみると魅力にとりつかれてしまって、
あれもこれも手を出したくなる楽しさです♪

春らしく、ベランダの花たちも蕾を持ち始めました。

american.jpg

アメリカンライラック。
ライラックという言葉と涼やかな花色に、南国育ちのわたしは憧れてしまいます。
あっという間に大きくなって、昨年伸び放題だった枝を剪定したことを少し後悔しています。

minirose.jpg

ミニバラ。
ハンギングにしていたものを植え替えたら、こんなにこんもりと大きくなりました。
新芽から次々にスプレー状の蕾が出てきます。

ベランダの花を眺めるのが日々楽しみな季節到来です。


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

Swanのカットワークできました♪

初めて挑戦したスワンのカットワーク。

できました♪

cutwork1.jpg

cutwork2.jpg

cutwork3.jpg

図案は、野木 陽子さんの「わたしを飾るNEW LACE WORK」から。

スワンの身体部分には、ぜいたくにカットワークが入っています。
くちばしはサテンステッチ。
目はアイレットホール。

くちばしは本では横向きにステッチされていましたが、
少し方向をかえました。
目のアイレットは、サンプラーで刺したことがありましたが、
カウントする布ではないものにステッチするのは初めてだったので、難かしく感じました。

でも、なんとか形になったので、
この方法で、家紋の「対い鶴」を、図案をおこしてステッチしてみたいなと思っています。

その前に刺繍検定と柴犬くんをステッチすると思いますが・・

あ、そしてこのスワンは、もう少しカットワークを加えて、
4月始まりの手帳カバーに仕立てる予定です♪

そうそう余談ですが、swanって、白鳥以外に、
詩人・歌手の意味もあるんですね。
「The Swan of Avon」エーボン川の白鳥=シェークスピアのことなんだそう・・
そう思って見てみると、スワンの顔がよりいっそう凛としてみえるような・・(笑)


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

スワンのカットワーク☆

まだ途中ですが、初めて挑戦したカットワーク。
少しご紹介させてください♪

布は、うさぎちゃんにかまれて使えなくなっていたリネンのハンカチです。
糸は白のアブローダー20番。

まずは輪郭をホルベインステッチで2列刺しました。
swan1.jpg

swan2.jpg
本にはランニングを2列とあったのですが、試し刺しをしてみたら
初めてのわたしにはオーバーキャストがしにくくて、
くるくると巻きやすくするためホルベインステッチにしました。

そしてオーバーキャスト。
swan3.jpg

swan4.jpg
バーを渡さなくてはいけないところは残してあります。
が、これではカットワークしづらいであろうところを発見!
仕方ありませんね~どうにかしましょう・・(←できるのか?)

白布に白糸というのは、見ているだけで気持ちがすっとします。
すごく時間がかかるかなと思っていましたが、楽しくて集中してできたので
さくさく進みました。

そしていよいよカットワーク。

まずは、ホルベインステッチで輪郭をなぞり、
そのステッチをすくうようにして、バーを3本渡し、くるんでいきます。
swan5.jpg

それらしくなってきましたね。

そして、バーをよけて下の布をカットします。
一番緊張した作業。
swan6.jpg

swan7.jpg
後戻りできない感が手に汗にぎります(笑)

でも、この向こうがすけてみえる感じがたまらなくすきです♪

そして、この切った布を裏側に折り込むようにして、オーバーキャストで始末していきます。
swan8.jpg

swan9.jpg
布をくるみつつホルベインステッチ2列をオーバーキャストすると、すごく太くなるのかなと思っていたのですが、
くるむために糸を引きつつステッチするせいか、それほどではありませんでした。
引きすぎ、なのかな。

でも、憧れの空間があらわれてくると、うれしくて、ふるふると感動しました♪(←オーバーですね
初めてなのでできるのか不安でしたが、形になりそうでよかったです。

このカットワークだけだと1時間ほどでした。
慣れてきたらもっと早くできるかな。

裏はこんな感じです。
swan10.jpg
余った布は切るのだそうですが、小さなものだったので、ほとんど残っていませんでした。

さてさて、つづきもやってみます♪


ランキングに参加しています。
クリックいただけると
励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村






amalettプロフィール

amalett

Author:amalett
amalettといいます。
子育てをしながら、刺繍小物作りやソーイングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
ランキングに参加しています♪ クリックいただけると励みになります。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。