名前は「ゆず」

  • CATEGORY
  • COMMENT2
  • TRACKBACK0
昨日職場に 人懐こい迷い猫がきました
状態があまりよくなく とりあえず連れて帰ることにしました

yuzu.jpg

仕事を早めに上がらせてもらって
息子のお迎えもあったのでとりあえず家に帰って
2階の息子の部屋(ほぼ物置部屋・汗)に 隔離してた時

とにかく疲れていたのでしょう
ほっとしたのか 旦那さんの匂いのついた上着の上で眠ってました

男の子の先住猫がいるので
とりあえず病院へ

すべて陰性でしたが
口のなかにひどい潰瘍と 痂皮 
見た目は生後3ヶ月ほどの状態ですが
もう歯も生え替わっていて 生後半年以上という状態でした

今年はこちらでも 氷点下もままある冬でしたので
気分屋の餌やりさんのところでがんばっていたのでしょう という
先生のお話でした

どうしても誰も引き取り手がいなくて  
のっぴきならない時に出会った女の子の猫ならと
家族の中で話はまとまっていたので 
誰の反対もなくすんなり 

yuzu 2

よく食べてよく寝る ほんとうにいい子です
注射も全然嫌がらず人見知りもせず
抱っこされるのがだいすきで ぐいぐい鼻をすりよせてきます
先住猫のルーカスとは真逆のタイプに 思わず息子が
「えらいな~注射されても泣かないなんて・・・」
そうそう 君も見習ってくれたまえ!

唇も肉球も鼻も すべて真っ黒で
パイレーツ・オブ・カリビアンに出てくる
呪術師?の「カリプソ」に似ているのですが
呼びにくいと却下
ハニュウユヅルさんが歴史的快挙を成し遂げた日に拾った子なので
お名前にあやかって「ゆず」と名をつけました

先住猫のルーカスは シャーシャーパンパン半端ないですが
距離は少しずつ縮んでる ような気がします

どうか 仲良くやってくれますように・・・♪



夢想家のカエル刺繍 途中経過

カエル刺繍 途中経過です

IMG_0037_201802141351531e8.jpg

以前 バッグに刺繍した図案を反転させて座らせたのですが
ずいぶんと雰囲気がかわります・・

久しぶりの自由刺繍 
少しずつ ロング・アンド・ショートやサテンステッチを
思い出してきました・笑


猫のルーカス

IMG_0031.jpg

ご近所の野良猫さんたちに春が訪れたようで
夜中昼間にかかわらず聞こえてくる鳴き声に 興奮気味

猫好きが多いとはいえないこのあたりで
いじわるをされなければいいけど と 心配・・・
自然の流れだものね~



「わたしの刺繍」と呼べるものって・・・

やっと 新しいPCで自分のブログにたどり着きました・・・
fc2の方が 迅速かつ親切にサポートしてくださって
こんがらがる頭のなかも すこし糸口が見えてきた感じ か・・

ということで お久しぶりの更新です

年末年始もブログが滞り そんななか 
「さぼりすぎ~」とか「刺繍が見れなくて残念」などの言葉をかけていただき
ブログってなんてあたたかい場所なの!と 感動したわたし

とはいえ わたしの刺繍なんて呼べるものが あっただろうか と

今年は ことしこそはもう少し 「わたしの刺繍です」 と呼べるものを
作っていかなくては と

で 棚上げしていたものをひっぱりだしてみることに

IMG_0029.jpg

パネルにするつもりだったものの一部
自分のデザインに納得なんてなかなかできなくて
いつも途中で放り出してしまうけど 
ブログを始めて6年目?励ましてくださる方がいる幸せを
なにか形にしなくては

とと 気持ちだけじゃなく 手を動かさなくては(笑)


寒い日が続きます
うちの息子くんは この冬2度目の型違いインフルエンザで
学校をお休み中・・・
みなさまもどうぞ ご自愛くださいね♪

いまごろ?スマホデビュー

息子の習い事で
Wi-Fi?というのでしょうか
そういう環境があったほうがいいということで
PC環境を見直すついでに
ガラケーからスマホにかえました

CIMG1444.jpg

おばちゃんの頭はフル稼働中で 疲れます・・

PCもずいぶん古くなっていて
ぶいーんと音がして いつ壊れてもおかしくない状態なので
設定が終わって届くのを待っているところ

10年ひと昔 とよくいいますが
もう今は 2.3年でひと昔って感じで
なにもかもかわっていて びっくりです

こういうのって大変ですね
あぁ 早く落ち着きたい・・・

地刺し 下から?上から

strawberry thief の地刺しをしていて
気付いたこと

正式に習ったことがないので
できるだけ本に忠実にと思って針をすすめています
たぶん 最初に地刺しをしたときに 下の左角から
斜めにいったりきたりを繰り返す というのが地刺しだと
そう思っていたので その通りにしていました

糸を出した場所がすこし違っていたので
上から進めてみたのです

CIMG1440.jpg

糸が出ている右側が 上から刺しすすめたもの
左側は下から進めたところ

下からだと 刺繍した部分を下からできるだけ糸を割らずに
針を出してすすめるのですが
3本取りなので難しいうえ 力がいります
なので どうしても 「もわふわ」な感じになるところが多くて
ちょっとストレスだったのです

ところが上から刺しすすめたら
何も刺繍してないキャンバスに針をくぐらせ
刺繍した部分に刺すようにしてすすめればよいため
目がとてもきれいに出ました

見た目にはあまりかわらないのかもしれないのですが
1/4ほど進めたところで 方向転換

CIMG1442.jpg

CIMG1443.jpg

またスタートに戻ったような気分ですが
これですすめようと思います



猫のルーカス
わたしが縫い物部屋にこもると ドアの向こうから
「オワンオワン」という感じで鳴きます(←拾ったときから猫っぽくない声でした・笑)

3歳になって なんでも食べるくせもすこ~し落ち着いてきたので
一緒にいるときはときどき 入室可になりました

CIMG1430.jpg

「ふん この部屋もほかの部屋とあまりかわらにゃいな」

CIMG1436.jpg

「お?この光はにゃんだ?」

CIMG1437.jpg

「うりゃ~とどかね~じゃにゃーか」

CIMG1431.jpg

「ふん 俺様はやさしいから ちょっと遊んでやったんだにゃ」

でもこのあと 針を食べようとしたので
また入室不可になりましたー